バイナンス、バーレーンで暗号資産サービスのフルライセンス取得

バイナンス、バーレーンでフルライセンス取得

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、バーレーン中央銀行(CBB)からカテゴリー4のフルライセンスを取得したことが5月26日分かった。

バイナンスはフルライセンス取得により、暗号資産サービスプロバイダーとして、バーレーン規制当局の監督下のもと、顧客に対して暗号資産交換サービスを全面的に提供できるとのことだ。

なお暗号資産サービスプロバイダーが、バーレーンでフルライセンス取得したのは初とのこと。

バイナンスは昨年12月、バーレーン中央銀行から暗号資産サービスプロバイダーとして営業する為の基本認可を取得したことを発表している。しかし本格的にサービスを提供する為には、まだ申請プロセスが残っている状態だった。

そして今年3月にバーレーン中央銀行から暗号資産サービス提供の為のライセンスを取得し、湾岸アラブ諸国協力会議(GCC)における暗号資産プロバイダーとして、第1号のライセンス取得企業になっていた。

関連ニュース

バイナンス、バーレーンで暗号資産サービスプロバイダーのライセンス取得

バイナンス、バーレーンで暗号資産サービスの基本認可取得

バイナンス、カザフスタン行政機関と暗号資産法整備に向け覚書締結

TRMとバイナンスら、暗号資産詐欺の報告プラットフォーム立ち上げ

バイナンス、大暴落テラ(LUNA)の多数の現物取引ペア廃止、BUSDのみ対応

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Abscent84・seungyeon-kim

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ