バイナンス、バーレーンで暗号資産サービスプロバイダーのライセンス取得

バイナンスがバーレーンでライセンス取得

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、バーレーン中央銀行から暗号資産サービス提供の為のライセンスを取得したことが3月15日分かった。湾岸アラブ諸国協力会議(GCC)における暗号資産プロバイダーとして、第1号のライセンス取得企業になるとのことだ。

バイナンスは昨年12月、バーレーン中央銀行から暗号資産サービスプロバイダーとして営業するための基本認可を取得したことを発表していた。バイナンスはその際、バーレーンの規制に準拠した暗号資産取引所になる計画の一環として、バーレーン中央銀行にライセンスを申請していた。しかし本格的にサービスを提供する為には、まだ申請プロセスが残っている状態だった。

バイナンスは今回ライセンスを取得したことにより、バーレーン規制当局の監督下において、暗号資産取引、カストディサービス、ポートフォリオ管理を顧客に提供が可能になるとのことだ。

バイナンスの創業者兼CEOであるCZ(Changpeng Zhao)氏は、今回のライセンス取得について「バーレーンでのライセンス取得は、世界中で完全なライセンスと規制を受ける為の私たちの進路におけるマイルストーンです」と述べている。

関連ニュース

バイナンス、バーレーンで暗号資産サービスの基本認可取得 

バイナンス、マレーシアの暗号資産取引所「MX Global」へ出資

バイナンス、「Kadena(KDA)」上場

バイナンス、ロシアで発行されたMastercardとVisaの利用停止に

バイナンス、決済サービスプロパイダー「Bifinity」ローンチ

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/seungyeon-kim

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【2/2話題】イーサのパブリックテストネットZhejiang公開、分散型データストレージシステムBNB Greenfieldなど(音声ニュース)

イーサリアム、ステーク出金機能対応のパブリックテストネット「Zhejiang」公開、BNBチェーン、分散型データストレージシステム「BNB Greenfield」発表、コンセンシス、無料web3学習プラットフォーム「MetaMask Learn」提供開始、c0ban取引所が業務再開、エクシアから独立しCoin Masterとして、欧州投資銀行、ポンド建てデジタル債券発行へ、暗号資産ハッキング被害、昨年が過去最高の38億ドル、北朝鮮グループが主導か、分散型取引所Dexalot、アバランチ(AVAX)サブネットでローンチ、SUSHI TOPと「tofuNFT」のCOINJINJAが業務提携、LINE NFT、物件仲介手数料が0.5ヶ月分になるNFT「サクラノスマイ」発売へ、クロスチェーン通信プロトコル「レイヤーゼロ」、重大な脆弱性の指摘を否定、フットサルチーム「ポルセイド浜田」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored