SBIとSOMPO、コルダ活用で中古車部品のトレーサビリティとサプライチェーンファイナンス実現へ

SBIとSOMPOが中古自動車部品の流通にブロックチェーン活用

SBIグループのSBI Africa(SBIアフリカ)と、SOMPOグループのSOMPO Light Vortex(ソンポライトボルテックス)が、ブロックチェーンを活用した中古自動車部品のトレーサビリティの実現に取り組むことが5月26日分かった。

これにあたり両社は、中古自動車部品分野における合弁会社「SSトレーディング株式会社」を共同で設立。SOMPOグループを始めとした損害保険会社等を通じて供給される使用済自動車を引取・解体し、商品化された中古自動車部品をSBI Africaの海外販売拠点等に輸出・販売を行うとのこと。これに対し、日本発の中古自動車部品におけるブロックチェーントレーサビリティに取り組む方針だ。

また発表によるとトレーサビリティ実現の他にも、機械学習を利用した使用済み自動車の購買需要予測等を行うとのことで、これらの取り組みにより、リサイクル・リユース精度を向上し、地球環境の保全に直接貢献するとしている。

日本においては、使用済み自動車の発生台数は年間約330万台程度あり、自動車リサイクル法に則り、関連事業者を通じて適正処理が行われてきたとのことで、解体工程の中で発生する日本発の高品質な中古自動車部品は、アフターマーケットが未成熟な新興国にて強い需要があるとSBIアフリカは説明している。

なお「あたらしい経済編集部」がSBIアフリカ担当者へ確認したところ、今回のトレーサビリティ実現の取り組みには、SBI R3 JAPANが国内サポートを行っている米R3社開発のエンタープライズ向けブロックチェーン「コルダ(Coruda)」を基盤にしたプラットフォームの利用を検討しているとのこと。またこのプラットフォームが、SBIグループ100%子会社のバイフィン(BYFIN CO., LIMITED)保有のサプライチェーンファイナンス(SCF)プラットフォームであることも回答してくれた。

また、部品販売における貿易取引にこのプラットフォームを活用することにより、取引量増加・資金効率の向上効果が期待できるとのことで、今回の取り組みが「トレーサビリティを実現した上で、サプライチェーンファイナンスを通じてキャッシュフローの効率化を図る意図がある」との回答も得られた。

なおサプライチェーンファイナンスとは、企業の構築する部品や原材料の供給網といったサプライチェーンに金融機関が絡み、売掛債権の購入などを実施することで、製品の製造から販売までの一連の流れにおける企業の早期資金化をサポートする金融サービスのことである。

参考:SBIHD
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Fahroni・sumkinna

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored