歩いて稼げるSTEPN、中国でサービス提供停止へ

STEPNが中国でサービス提供停止へ

Move-and-Earnプロジェクト「STEPN(ステップン)」が、中国ユーザーに対するサービス提供を停止することが分かった。「STEPN」の公式ツイッターは5月27日、中国大陸エリアのユーザーのアカウントに関するGPSおよびIPアドレスを7月15日24:00(世界協定時+8h)に停止することを発表している。

この発表によると今回の措置は中国における規制遵守の動きだという。「STEPN」は期日までにアカウントが保有する資産の移動を促している。なお今回の措置の該当者には改めて詳細を公式SNS、Eメール、アプリ内の通知などでアナウンスするとのことだ。

中国では昨年5月より、国内での暗号資産(仮想通貨)の取引や関連サービスが厳しく禁止されている。それを受け、多くのマイニング事業者や交換業者が中国からの撤退を余儀なくされた背景がある。

またNFTについては、事業者からの一次販売については禁止されていないものの、購入者による二次流通については「中華人民共和国競売法」のもと、規制の対象となる可能性があるため、アリババ(Alibaba)では去年の11月より、NFTの二次流通について「プレゼント機能」という形式を取り、ユーザー同士のNFT譲渡を無料で行うようにさせている。

「STEPN」ではプレイする為にNFTのスニーカーを購入する必要があり、ウォーキングやジョギングの歩数に応じてユーティリティトークンの「GST:グリーンサトシトークン」を取得できる。さらに2足以上のスニーカーを保有することで新たなスニーカーをミント(発行/鋳造)し、アプリ内で販売も可能となっている。このような「STEPN」のゲームシステムは中国の規制対象になりうるだろう。

なお今回の発表で「STEPN」は「設立以来、中国本土でいかなる事業も行っておらず、ダウンロードの方法も提供していない。常にコンプライアンス義務を重視し、現地の監督・管理機関の要件を厳格に遵守している」と表明している。

関連ニュース

STEPNの「GMT」で買い物が可能に、AlchemyPayと提携

FTX、歩いて稼げるSTEPNの「GST」現物と先物取扱へ

【取材】アカツキが25億円規模web3ファンド「Emoote」発表、STEPNなど20以上にトークン投資済み

【取材】バイナンスがSTEPNに投資、年内にソーシャル機能実装も

【取材】歩くと稼げるSTEPN、第1四半期で利益が約33億円相当に、「GMT」バーンも予

デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ