FTX、歩いて稼げるSTEPNの「GST」現物と先物取扱へ

FTXがGSTの現物と先物取扱へ

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所FTXが、暗号資産グリーンサトシトークン: Green Satoshi Token(GST)の現物および先物の取引提供を開始することが5月2日分かった。

発表によると、GSTの入出金を5月2日2:00(UTC:世界協定時)より開始し、同日14:00から取引が開始される予定だ。現物の取引ペアについてはGST / USDとなっており、先物はDEX(分散型取引所)パーペチュアルプロトコル(Perpetual Protocol)を動かすためのトークン「PERP」との取引ペアでサポートされる。

GSTはMove-and-Earnプロジェクト「STEPN(ステップン)」のユーティリティートークンだ。

「STEPN」はNFTスニーカーを利用し、ウォーキングやジョギングの歩数に応じてGSTを稼ぐことができる。そのGSTでスニーカーステータスのレベルアップなどが行える仕組みだ。ブロックチェーン基盤としてはソラナ(Solana)のプロジェクトとなっている。

また「STEPN」にはガバナンストークンのグリーンメタバーストークン:Green Metaverse Token(GMT)があり、こちらは3月31日よりFTXで現物の取り扱いが開始している。

「GMT」は発行総数60億枚と決められているが、「GST」の発行枚数は無制限。「GST」はゲーム内で使用することでバーン(焼却)される。

GSTとGMTは4月28日に米コインベース(coinbase)で4月29日にクラーケングローバル(Kraken)で上場した。

GSTは現在、コインベースやクラーケングローバルの他、フォビグローバル(Huobi Global)やエムイーエックスシー(MEXC)、ゲート(Gate.io)、バイビット(Bybit)などの暗号資産取引所の他、レイディウム(Raydium)、オルカ(Orca)、パンケーキスワップV2(PancakeSwap)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお時価総額は約26億円となる(5/2 コインマーケットキャップ調べ)。

またGMTについては現在、コインベースやクラーケングローバルの他、バイナンス(Binance)、FTX、クーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io)、エムイーエックスシー(MEXC)、フォビグローバル(Huobi Global)、バイビット(Bybit)などの暗号資産取引所の他、パンケーキスワップ V2(PancakeSwap V2)などの多くの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお時価総額は約2,660億円となっている(5/2 コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

FTX、「Algorand(ALGO)」現物取扱へ

FTX、「Near Protocol(NEAR)」現物取扱へ

FTX、STEPNの「Green Metaverse Token(GMT)」現物取り扱いへ

クラーケングローバル、STEPNのGMTやGST、GARI、mSOL、SAMO上場へ

米コインベース、歩いて稼げるSTEPNの「GMT」と「GST」上場へ

参考:FTX
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/20話題】FTX USが株式取引ベータ版提供、DEVプロトコルと社寺建築の翠雲堂が提携など(音声ニュース)

FTX USが株式取引ベータ版提供、米ドルステーブルコインUSDCにも対応、【取材】「寺DAO」で暗号資産調達、DEVプロトコルと社寺建築の翠雲堂が提携、web3ゲーム企業AzraGames、a16z主導シードラウンドで約19.2億円調達、ジャミロクワイがメタバース進出、「The Sandbox」と提携、ブラジルサッカー「ECバイーア」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、朝日印刷らがブロックチェーンで医薬品を追跡管理、Hyperledger Fabric採用

Sponsored