クラーケングローバル、ポルカドットパラチェーン「Centrifuge(CFG)」上場

クラーケングローバルが「Centrifuge(CFG)」上場

米サンフランシスコ拠点の大手暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)で、新たに暗号資産セントリフュージ:Centrifuge(CFG)が上場したことが4月29日分かった。

クラーケングローバルでは、この前日にガリネットワーク:Gari Network(GARI:ガリ)、グリーンサトシトークン: Green Satoshi Token(GST)、グリーンメタバーストークン:Green Metaverse Token(GMT)、マリネードソル:Marinade SOL(mSOL)、サモイエドコイン:Samoyedcoin(SAMO:サモ)の5銘柄の上場を発表していた。

発表によるとCFGの取引は4月29日18:30(UTC)より開始している。取引ペアはUSDとEURが対応している。

対象となるサービスはクラーケン(販売所)とクラーケンプロ(取引所)。先物取引と証拠金取引については対象外となるようだ。

なお米国、カナダ、日本の居住者については、取引対象外とのことだ。

セントリフュージはポルカドット(polkadot)のパラチェーンで、ポルカドット上に構築されたDeFi(分散型金融)レンディングプラットフォームだ。小規模ビジネスでクレジットを利用しやすくすると同時に、プールされた流動性を従来の金融の世界に開放することで投資家に安定した利回りを提供することを目的としているとのこと。CFGはセントリフュージのユーティリティートークンで、取引手数料の支払いやガバナンスに利用されるとのことだ。

セントリフュージのサイトによると同プラットフォームの現在のTVL(Total value locked)は約8400万ドル(約109億円)とのこと。

現在CFGはクラーケングローバルの他、中央集権取引所(CEX)ではゲート(Gate.io)、AEX、BTCEXで取り扱われており、また分散型取引所(DEX)ではコインリストプロ(CoinList Pro)で取引が行われている。時価総額については、約111億円となる。

関連ニュース

クラーケングローバル、STEPNのGMTやGST、GARI、mSOL、SAMO上場へ

クラーケングローバルでALCX、BOND、JASMY、MASK、RNDR、SPELL、TRIBE、UMA上場へ

クラーケングローバル、Cosmos上でデータプライバシー提供の「Secret(SCRT)」上場へ

クラーケン、UAEアブダビで取引所運営ライセンス取得

クラーケン、ビットコインのライトニングネットワークをサポート

参考:クラーケングローバル
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored