クラーケン、ビットコインのライトニングネットワークをサポート

クラーケン、ビットコインのライトニングネットワークをサポート

暗号資産(仮想通貨)取引所のクラーケン(Kraken)が、ビットコインのライトニングネットワーク(Lightning Network)をサポートすることを4月1日に発表した。

ライトニングネットワークは、ビットコインのブロックチェーン上で1秒あたり数百万回の取引を可能にするためのスケーリング技術。オープンな設計にはなっているが、取引記録をすぐにブロックチェーン上には移動させず「オフチェーン」で管理することで、瞬時で効率的な価値の移転を実現している。

今回ライトニングネットワークに対応したことで、クラーケンを利用するトレーダーは、安価な手数料で瞬時にビットコインを移動させることができるようになったという。ちなみにクラーケンがライトニングネットワークをサポートした理由は、通常のビットコイン取引はブロック生成に時間がかかり手数料が高く、その手数料を下げるためだと発表にて説明されている。

またライトニング活用の事例として「BTCPay Server」の事業者向け決済や「Breez」や「Phoenix」の消費者向けのモバイル決済を発表にて挙げている。

日本の取引所としてはビットバンクがライトニングネットワーク関連への取り組みを進めている。2月にライトニング関連アプリ「NLoop」を発表し、取引所での入出金実装も検討していることを明かした。

参考:Kraken
images:iStocks/tampatra
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ