OpenSeaがNFT購入をクレカ対応へ、MoonPayと提携

OpenSea、MoonPayと提携でクレジットカード対応か

大手NFTマーケットプレイスのオープンシー(OpenSea)が、暗号資産(仮想通貨)決済プロバイダのムーンペイ(MoonPay)と提携し、クレジットカード対応することが4月2日分かった。

ムーンペイのツイッターによるとユーザーは近いうちに、Visa、Mastercard、Apple Pay、Google Payなどで、オープンシーのNFTを直接購入できるようになるとのことだ。

ムーンペイが提供する決済インフラは、法定通貨を暗号資産に変換し、暗号資産市場へのシンプルなエントリーポイントを提供している。同サービスには顧客認証、支払い処理、暗号資産の流動性提供、詐欺防止などの機能も備わっているとのことだ。

また最近のムーンペイでのNFT購入事例として、米大物アーティストのマドンナ(Madonna)がある。マドンナは人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」の#4988をムーンペイで購入したことを自身のインスタグラムで3月24日に発表した。他にもヒップホップMCのスヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)やリル・ベイビー(Lil Baby)などもムーンペイを利用している。

関連ニュース

OpenSea、ソラナ(SOL)基盤のNFTを4月取扱へ

マドンナ、人気NFT「BAYC」を約6,900万円で購入

暗号資産決済プロバイダーMoonPayが約630億円調達、設立2年半で

参考:Twitter
デザイン:一本寿和
images:iStock/Oat_Phawat・dalebor

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored