OpenSea、ソラナ(SOL)基盤のNFTを4月取扱へ

オープンシー、ソラナ基盤のNFT取扱い開始へ

大手NFTマーケットプレイスのオープンシー(OpenSea)が、ソラナ(Solana)ブロックチェーンで発行されたNFTを取り扱う予定であることが3月30日分かった。

オープンシーがツイッターで動画を公開し、ソラナ対応を示唆した。動画ではユーザーからのソラナサポートの時期に関する多くのリプを表示し、それに対し今年4月に対応することを表明している。

ソラナ基盤のNFTマーケットプレイスではソラナ最大手の「マジック・エデン(Magic Eden)」があり、14日にシリーズAラウンドで2700万ドル(当時価格:約32億円)の資金調達をしたことが分かっている。

ダップレーダー(DappRadar)によると、NFTマーケットプレイスのここ1ヶ月のユーザー数ランキングでは、オープンシー、アクシーマーケットプレイス(Axie Marketplace)に続き「マジック・エデン」は第3位、取引量ではオープンシーに続き第2位となっている。(3/30調べ)

なおソラナ対応によりオープンシー対応のブロックチェーンは、イーサリアム(Ethereum)、ポリゴン(Polygon)、クレイトン(Klatyn)に続き4つ目となる。

関連ニュース

ソラナ(SOL)基盤のNFTマーケットプレイス「Magic Eden」、約32億円資金調達

OpenSea装うサイトでフィッシング攻撃、約2億円の被害か

OpenSea、投資部門と助成プログラム立ち上げ

OpenSea、暗号資産ウォレットのダルマ・ラボ買収

NFTマーケットプレイス「LooksRare」稼働、OpenSeaへヴァンパイア・アタック

 参考:Twitter
デザイン:一本寿和
images:iStock/royyimzy・dalebor

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論