OpenSea、投資部門と助成プログラム立ち上げ

OpenSeaが投資部門と助成プログラム立ち上げ

大手NFTマーケットプレイスのオープンシー(OpenSea)が、投資部門「オープンシー・ベンチャーズ(OpenSeaVentures)」と、助成プログラム「エコシステム・グラント(EcosystemGrants)」を立ち上げたことが分かった。

「オープンシー・ベンチャーズ」では、ブロックチェーン・NFTに関連するプロトコルや企業などを支援する投資部門となるようだ。具体的な投資の主要テーマはマルチチェーン対応技術、NFT関連のプロトコル、NFT要素を含んだゲームプロジェクト、NFTアグリゲーターの4つとなるとのこと。なおオープンシーの共同創業者アレックス・アッタラー(Alex Attalah)氏が率いる予定とのことだ。

発表によると「オープンシー・ベンチャーズ」の投資先には、オープンシーのパートナーでもあるアンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)やスタンダード・クリプト(Standard Crypto)、アルケミーベンチャーズ(Alchemy Ventures)といったベンチャーキャピタルやアモニカ・ブランズ(Animoca Brands)、3LAUなどとの関係性も提供されるとのことだ。

また「エコシステム・グラント」では、NFTのエコシステム拡大に貢献するクリエイターや開発者、コミュニティメンバーを対象に助成金を提供する。

具体的にはNFTに関連したユーザービリティ向上やツール開発、コミュニティ教育、NFTへのアクセス提供にテーマを分け助成金を分配するとのことだ。

なおオープンシーでは2022年に達成する目標として、拡大するコミュニティのニーズに確実に応えるための製品開発の促進、安全性や信頼性への取り組みの拡大、NFTおよびWeb3エコシステムへの有意義な投資、チームの大幅な強化の4つを、今年1月に暗号資産(仮想通貨)ウォレット企業ダルマ・ラボ(Dharma Labs)を買収した際に発表している。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

OpenSea、暗号資産ウォレットのダルマ・ラボ買収

NFTマーケットプレイス「LooksRare」稼働、OpenSeaへヴァンパイア・アタック

OpenSeaが約350億円調達、評価額は約1.5兆円へ

アドビ「Photoshop」でNFTの真正性示す情報付与が可能に、OpenSeaらNFTマーケットプレイスと提携

参考:オープンシー
デザイン:一本寿和
images:iStocks/b14ckminus

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored