OpenSeaが約350億円調達、評価額は約1.5兆円へ

OpenSeaが約350億円調達、評価額は約1.5兆円へ

NFTマーケットプレイス運営のオープンシー(OpenSea)が、シリーズCラウンドで3億ドル(約350億円)の資金調達を実施し、企業評価額が約1兆5000億円(133億ドル)に達したことが1月4日に分かった。

シリーズCラウンドはParadigmとCoatueがリードし、新規および既存の投資家が参加したとのことだ。

今回調達した資金は、プロダクト開発の加速、カスタマーサポートとユーザーの安全性の大幅な向上、NFTとWeb3の幅広いコミュニティへの有意義な投資、チームの成長に活用していくとのことだ。

またプロダクト開発の加速とUX向上のため、新たにプロダクトVPとしてシバ・ラジャラマン(Shiva Rajaraman)を就任させたことを明らかにした。シバ・ラジャラマン氏は、メタ(旧フェイスブック)からオープンシーに移り、ビジネスVPを務めていた。メタの以前は、YouTube、Spotify、WeWorkに在籍していた人物だ。

そして現在オープンシーがプロダクト開発とUX向上に関して具体的に注力しているのは「ブロックチェーンの複雑性を排除する機能と簡素化されたフローを導入することで、NFTの参入障壁を下げること。またマルチチェーンのサポートを加速させ、より優れたツール、分析、プレゼンテーションにより人々がNFTを発見、管理、紹介できるような改善」と発表にて説明されている。

オープンシーは2021年7月末にa16zやShopify創業者らから約110億円調達しユニコーン企業となった。

そして昨年8月にオープンシーでのNFTの月間流通総額が約3,650億円となり、現状NFTマーケットプレイスとしての1位の座を揺るぎないものとした。

今後、さまざまなNFTマーケットプレイスが創出されていくなか、オープンシーがどのように一位の座を守り続けるのか注目だ。

参考:オープンシー(OpenSea)
デザイン:一本寿和
images:iStocks/incohre・artacet

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。