FTXにOpenDAO(SOS)上場

FTXにSOS上場

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所FTXで、暗号資産オープンダオ:OpenDAO(SOS)が上場した。またDEX(分散型取引所)パーペチュアルプロトコル(Perpetual Protocol)を動かすためのトークン「PERP」との先物ペアも開始された。

FTXでのSOSの取り扱いは12月31日の14:00(UTC:世界協定時)より取引が開始されており、発表によると取引ペアはSOS/USD、KSOS/USD 、そしてSOS-PERP、KSOS-PERPとなっている。なおKSOSは1,000SOSに相当するとのこと。

SOSは、NFTコミュニティへの支援や、オープンシー(OpenSea)での詐欺被害者に対する救済を目的としたプロジェクトだ。2021年12月23日以前にオープンシーで取引したユーザーを対象に、オープンダオからSOSがエアドロップされた。なおオープンダオは、オープンシーとは別組織だ。

オープンダオの公式サイトによると、SOSが配布される割合は、50%がオープンシーのユーザーに対するエアドロップ、20%がステーキング報酬、20%がオープンダオ、10%が流動性プロバイダーとなっている。

現在SOSは、ゲート(Gate.io)やクーコイン(KuCoin)、バイビット(Bybit)、フォビグローバル(Huobi Global)、オーケーイーエックス(OKEx)、エムイーエックスシー(MEXC)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV2(Uniswap V2)およびV3やスシスワップ(Sushiswap)といった分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお時価総額は約492億円となる(1/5コインマーケットキャップ調べ)。

なお昨年12月にFTXで暗号資産が上場したのはSOSで10銘柄目となる。

10日にアバランチ:Avalanche (AVAX)、12日にベンキューアイ:BENQI (QI)、14日にネクスオー:NEXO(NEXO)、19日にポルカドット:Polkadot(DOT:ドット)とモンキーボール:MonkeyBall(MBS)、21日にギルドオブガーディアンズ:Guild of Guardians(GOG)、22日にリアリーメタバース:Realy Metaverse(REAL:リアル)、27日にプリズム:Prism(PRISM:プリズム)が上場している。

関連ニュース

FTX、ソラナ上のDEXアグリゲーター「プリズム(PRISM)」上場

FTX、メタバースのRealy Metaverse (REAL)上場

FTX、ポルカドット(DOT)など3銘柄上場へ

FTX、アバランチ上のDEXプロトコル「トレーダージョー(JOE)」上場へ

FTX、ネクスオー(NEXO)上場へ

参考:FTX
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【10/7話題】バイナンスチェーンが一時停止、フルグルがDiamond Hands支援など(音声ニュース)

バイナンススマートチェーンが停止、ブリッジのハッキング被害額1.1億ドル、【取材】ビットコイン基盤でスマコン実現目指す、フルグルがDiamond Hands支援、【取材】LINEやOasys参加、ミシカルゲームズが財団と独自トークン「MYTH」とDAO発表、MakerDAO、DAIの裏付け資産5億ドル分を米国債・社債に投資へ、暗号資産カストディXalts、シティやポリゴン創業者らから約8.7億円調達、ポリゴン(MATIC)が海洋保護団体「OCEEF」と提携、バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業ライセンス取得、ダッパーラボ、スペイン「ラリーガ」のNFTプラットフォーム「リーガ・ゴラッソ」β版ローンチ、ニアプロトコル(NEAR)、グーグルクラウドと提携、Bリーグ「香川ファイブアローズ」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored