FTX、ポルカドット(DOT)など3銘柄上場へ

FTXにDOT、MBS、GOG上場

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所FTXで、新たに暗号資産ポルカドット:Polkadot(DOT:ドット)、モンキーボール:MonkeyBall(MBS)、ギルドオブガーディアンズ:Guild of Guardians(GOG)の3銘柄が上場することが分かった。なおMBSとGOGは、FTXでの上場が初めての取引所上場となる。

FTXでは12月10日にアバランチ:Avalanche (AVAX)、12日にベンキューアイ:BENQI (QI)、14日にネクスオー:NEXO(NEXO)、17日にトレーダー・ジョー:Trader Joe(JOE)と立て続けに上場を発表している。

DOT上場

12月19日、FTXで暗号資産ポルカドット:Polkadot(DOT:ドット)が上場することが発表された。

FTXでのDOTの取り扱いは12月20日の14:00(UTC:世界協定時)より取引が開始されており、取引ペアはDOT-USD、DOT-USDT、DOT-BTCとなっている。

ポルカドットは、異なるブロックチェーンの相互接続(インターオペラビリティ)を目指すプロジェクト。DOTはポルカドットのネイティブトークンだ。

現在DOTはバイナンス(Binance)やコインベース(Coinbase)、クーコイン(KuCoin)、フォビグローバル(Huobi Global)、ゲート(Gate.io)、クラーケン(Kraken)などの暗号資産取引所の他、パンケーキスワップやパンケーキスワップV2(PancakeSwap V2)といった分散型取引所(DEX)で取り扱われている。国内においては、ビットポイント、SBI VC トレード、ビットフライヤー、GMOコインで取り扱われている。なお時価総額は約2兆7,500万円となる(12/21コインマーケットキャップ調べ)。

MBS上場

そしてDOTに引き続き、12月19日に暗号資産モンキーボール:MonkeyBall(MBS)が上場することも発表されている。

FTXでのMBSの取り扱いは12月21日の14:00(UTC:世界協定時)より開始予定で、取引ペアはMBS-USDとなっている。

モンキーボールは、プレイヤーが遊んで稼ぐ(Play-to-Earn)ソラナ基盤のEスポーツメタバースサッカーゲームだ。MBSは同プラットフォームのネイティブトークンである。

GOG上場

さらにMBSに引き続き12月21日、暗号資産ギルドオブガーディアンズ:Guild of Guardians(GOG)が上場することも発表されている。

FTXでのGOGの取り扱いは12月22日の1:00(UTC:世界協定時)以降に開始する予定で、取引ペアはGOG-USDとなっている。

ギルドオブガーディアンズは、NFT取引に特化したレイヤー2ソリューションである「Immutable X」を採用しており、プレイヤーが遊んで稼ぐ(Play-to-Earn)RPGゲーム。ツイッターによると同ゲームは2022年にiOSとAndroidのモバイル版としてリリースする予定とのこと。GOGは同プラットフォームのネイティブトークンとなる。

関連ニュース

FTX、アバランチ上のDEXプロトコル「トレーダージョー(JOE)」上場へ

FTX、ネクスオー(NEXO)上場へ

FTX、アバランチ上のレンディングプロトコル「BENQI(QI)」を上場へ

アバランチ(AVAX)、FTXに上場

暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加

参考:DOTMBSGOG
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/9話題】米スタバがNFTプログラムβ版ローンチ、イーサ「シャンハイ」来年3月になど(音声ニュース)

スターバックスがNFTプログラムβ版ローンチ、米国内で、イーサリアム、次期大型アップグレード「シャンハイ」は来年3月目標に、ペイパルの暗号資産取引サービス、ルクセンブルグに展開へ、オープンシー、ロイヤリティ強制ツールについて新たな方針発表、web3クリエイタースタジオ「Shibuya」、a16zやパリスヒルトン、伊藤穰一らから資金調達、米コインベース、USDTからUSDCへの変換手数料を無料に、監査企業Mazars、バイナンスのビットコイン準備金が問題ないと証明、DEAとYGG SEAが提携、東南アジア市場の拡大へ、バイナンスUS、イーサリアム(ETH)の取引手数料を撤廃へ、RTFKTとNikeがweb3スニーカー「クリプトキックス iRL」販売へ、動いて稼ぐ機能も搭載予定

Sponsored