FTX、アバランチ上のレンディングプロトコル「BENQI(QI)」を上場へ

FTXにQI上場

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所FTXで、新たに暗号資産ベンキューアイ:BENQI (QI)の上場をすることが12月12日分かった。FTXでは12月10日にアバランチ:Avalanche (AVAX)が上場したばかりだ。

FTXでのQIの取り扱いは12月13日の午前14:00(UTC:世界協定時)以降に開始する予定で、取引ペアはQI-USDとなっている。QIの入金と引き出しについては、既に可能となっている。

BENQIは、DeFi環境の構築やツール開発が行えるプラットフォームであるアバランチ(Avalanche)で構築されたレンディングプロトコル。QIはプロトコルのガバナンストークンであり、ユーザーは流動性の提供やステーキングによって報酬を得ることもできる。

現在QIは、バイナンス(Binance)やクーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io)、エムイーエックスシー(MEXC)、クリプトドットコム(Crypto.com Exchange)などの暗号資産取引所で取り扱われている。なお時価総額は約62億円となる(12/13コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

アバランチ(AVAX)、FTXに上場

暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加

 FTX、暗号資産トレーディング・プラットフォーム規制に関する10原則を発表

FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始

バイナンス、アバランチ上のレンディングプロトコル「BENQI(QI)」を上場

参考:FTX
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/18題】TikTokのByteDance子会社がSui採用、ワールドコインが「World Chain」今夏ローンチへ

TikTokのByteDance子会社、ゲーム等のサポート事業に「Sui」採用、ワールドコイン(WLD)、独自のイーサリアムL2「World Chain」今夏ローンチへ、日銀、「中銀デジタル通貨」の連絡会議の中間整理を報告、EY、企業向け契約管理ソリューション「EY OCM」ローンチ。イーサリアム上で、ニュージーランド中銀、デジタル通貨の開発協議スタート

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究