FTX、アバランチ上のレンディングプロトコル「BENQI(QI)」を上場へ

FTXにQI上場

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所FTXで、新たに暗号資産ベンキューアイ:BENQI (QI)の上場をすることが12月12日分かった。FTXでは12月10日にアバランチ:Avalanche (AVAX)が上場したばかりだ。

FTXでのQIの取り扱いは12月13日の午前14:00(UTC:世界協定時)以降に開始する予定で、取引ペアはQI-USDとなっている。QIの入金と引き出しについては、既に可能となっている。

BENQIは、DeFi環境の構築やツール開発が行えるプラットフォームであるアバランチ(Avalanche)で構築されたレンディングプロトコル。QIはプロトコルのガバナンストークンであり、ユーザーは流動性の提供やステーキングによって報酬を得ることもできる。

現在QIは、バイナンス(Binance)やクーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io)、エムイーエックスシー(MEXC)、クリプトドットコム(Crypto.com Exchange)などの暗号資産取引所で取り扱われている。なお時価総額は約62億円となる(12/13コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

アバランチ(AVAX)、FTXに上場

暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加

 FTX、暗号資産トレーディング・プラットフォーム規制に関する10原則を発表

FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始

バイナンス、アバランチ上のレンディングプロトコル「BENQI(QI)」を上場

参考:FTX
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/9話題】米スタバがNFTプログラムβ版ローンチ、イーサ「シャンハイ」来年3月になど(音声ニュース)

スターバックスがNFTプログラムβ版ローンチ、米国内で、イーサリアム、次期大型アップグレード「シャンハイ」は来年3月目標に、ペイパルの暗号資産取引サービス、ルクセンブルグに展開へ、オープンシー、ロイヤリティ強制ツールについて新たな方針発表、web3クリエイタースタジオ「Shibuya」、a16zやパリスヒルトン、伊藤穰一らから資金調達、米コインベース、USDTからUSDCへの変換手数料を無料に、監査企業Mazars、バイナンスのビットコイン準備金が問題ないと証明、DEAとYGG SEAが提携、東南アジア市場の拡大へ、バイナンスUS、イーサリアム(ETH)の取引手数料を撤廃へ、RTFKTとNikeがweb3スニーカー「クリプトキックス iRL」販売へ、動いて稼ぐ機能も搭載予定

Sponsored