バイナンス、アバランチ上のレンディングプロトコル「BENQI(QI)」を上場

バイナンス、QIを上場

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)に、暗号資産ベンキューアイ:BENQI(QI)が上場することが11月15日分かった。

「Binance.com」での暗号資産上場は、10日にイーサリアムネームサービス:Ethereum Name Service(ENS)とマンチェスター・シティ(Manchester City FC)の公式ファントークン(CITY)が発表されたばかり。

発表によるとQIは11月15日8:00(UTC:世界協定時)より取引が開始されるとのこと。取引ペアについてはQI / BTC、QI / BNB、QI / BUSD、およびQI / USDTとなっている。

なおQIの入金については、取引の準備の為に既に可能となっており、引き出しについては11月16日8:00より開始される。

BENQIは、DeFi環境の構築やツール開発が行えるプラットフォームであるアバランチ(Avalanche)で構築されたレンディングプロトコル。QIはプロトコルのガバナンストークンであり、ユーザーは流動性の提供やステーキングによって報酬を得ることもできる。

記事執筆時点でのQIの時価総額は約70億円となっている(11/16コインマーケットキャップ調べ)。

バイナンスの他にQIの取り扱いがある取引所として、クーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io)、エムイーエックスシー(MEXC)などがある。

関連ニュース

イーサリアムネームサービス(ENS)、バイナンスとクーコインで上場へ

バイナンス、「Socios. com」発行マンチェスターシティFCのファントークン(CITY)上場

アバランチ(AVAX)が米コインベースプロに上場

アバランチ上でテザーのUSDT発行開始

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察