パラダイム、約2800億円のファンド組成へ

パラダイム、約2800億円のファンド組成へ

米暗号資産特化のベンチャーキャピタルであるパラダイム(Paradigm)が、新たに約2,800億円(25億ドル)規模のファンドを11月15日に発表した。この新しいファンドはパラダイムの既存のファンドと並行して、あらゆるステージと地域で投資を行っていくとのことだ。

パラダイムは最初のファンドを2018年に組成し、率先して暗号資産関連の企業やプロトコルに投資を行なってきた。パラダイムの投資先として、Coinbase、BlockFi、Chainalysis、Aregent、Compound、Cosmos、dydx、Fireblocks、FTX、Optimism、Starkware、Uniswapなどが明らかになっている。

またパラダイム(Paradigm)は暗号資産市場の現状と今後の方針について「まだ世界人口の10%未満しか暗号資産を所有していません。分散型金融システムは、累積資産が1,000億ドルを超えるまでに成長しましたが、伝統的な金融システムの文脈では、まだ小さな存在です。

Web3アプリケーションは、数千万人のユーザーを獲得するまでに成長しましたが、Web2の数十億人のユーザーにはまだ遠く及びません。この旅はまだ始まったばかりで、暗号資産の可能性はかつてないほど明確になっています」と発表にて説明をしている。

パラダイムの新たなファンドは、今年6月にa16zが発表した約2,400億円(22億ドル)の「Crypto Fund III」の規模を超えた。今後、Web3.0を形成するための企業やプロトコルへの投資がより一層盛んになっていくのではないだろうか。

参考:パラダイム(Paradigm)
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother・alphaspirit

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【取材】JCBとDatachain、ステーブルコインなどデジタル通貨相互交換に向け実証開始

JCBとDatachain(データチェーン)が「デジタル通貨交換基盤」構築を見据え、異種ブロックチェーン間のインターオペラビリティ(相互運用性)に関する実証実験を開始したことが12月9日に分かった。両社は8月に異種分散型台帳間の相互接続についての共同研究を始めており、実証実験はその次の段階だと考えられる。

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored