FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始

マイアミ市で不動産が暗号資産で購入可能に

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所を運営するFTXが、暗号資産による不動産購入の機会を提供するサービスを開始することが12月6日分かった。フロリダ州マイアミの不動産業者インハウスキャピタル(INHOUSE COMMERCIAL)と提携しサービス提供が行われる。

このサービスは、買い手に商業用の不動産物件を暗号資産で購入できる機会を提供することで、FTXが暗号資産を受け取り、適切な米ドル価格に変換して売り手の口座に入金するとのこと。なお市場の価格変動を避けるために、瞬時に売買が行われるとのことだ。

このサービスで初めて提供されるのは、マイアミ市の「960 Alton Road」と「1000 17th Street」にある物件だ。

「960 Alton Road」は、アルトンロード(AltonRoad)の一等地にあり、31,350平方フィートの敷地にある二階建てのオフィスビルで構成されており、映画館やジムが設けられた物件となっている。また「1000 17th Street」は、改装されたマイアミビーチ・コンベンションセンターの西側に位置する物件で、18,000平方フィートの三階建て商業施設とのこと。世界的に有名な建築事務所であるアルキテクトニカ(Arquitectonica)によって設計された建物だという。

インハウスキャピタルの創設者ジャレッド・ロビンズ(Jared Robins)氏は提携について「ハイテク企業や暗号企業が南フロリダに続々と進出している中、FTXと提携できることを嬉しく思います。このパートナーシップにより、ハイテク企業の商業資産への関心が高まり、特に本社オフィスビルの購入を検討している企業が増えることを期待しています」とリリースにてコメントしている。

FTXは、マイアミ市のNBAチームである「マイアミ・ヒート」と大規模なスタジアムスポンサー契約を結んでいる。またマイアミ市では「マイアミコイン」の保有者にBTCが配布される取り組みなどが行われている。またマイアミ市長のフランシス・スアレス(Francis Suarez)氏は給与の全てをビットコインで受け取ると宣言もしている。マイアミ市全体で暗号資産領域への取り組みが活発な印象だ。

関連動画

【解説】マイアミコインとは何か? シティコインの可能性

関連ニュース

米マイアミが「マイアミコイン」のマイニング開始へ、保有者にはBTCとSTXの利回り報酬も

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Sergey-Khakimullin・artacet

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored