UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ

仏大手ゲーム企業ユービーアイソフト、NFTプラットフォームをローンチへ

仏大手ゲーム開発企業ユービーアイソフト(Ubisoft)が、NFTプラットフォーム「ユービーアイソフト・クォーツ(Ubisoft Quartz)」のベータ版をローンチすることが12月7日分かった。

まず「ユービーアイソフト・クォーツ」では、ウィンドウズPC版のゲームタイトル「ゴーストリコン:ブレイクポイント(Ghost Recon:Breakpoint)」のNFTから取り扱いを開始するとのこと。このゲームでは「ディジット(Digit)」と呼ばれるNFTが、武器や衣服、乗り物など、ゲーム内で利用可能なアイテムとして取得できるようになる。

なおこの「ゴーストリコン:ブレイクポイント」は、莫大な開発費を投じて作られた「AAAタイトル」のゲームで、このクラスのゲームにNFTが採用されたのは初の事例となるとのことだ。

また同社の説明によると、「ディジット」は省エネルギーと環境へ配慮するためにプルーフオブステーク(PoS)が採用されているブロックチェーン「テゾス(Tezos)」を採用し、発行をしているとのことだ。

発表によるとこのゲームでNFTを取得するためには、ゲーム内レベルがXP(experience point:経験点)5以上であることやユーザーの年齢が18歳以上などの条件があるという。

「ユービーアイソフト・クォーツ」のベータ版は12月9日18:00(協定世界時)にフランス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ベルギー、ブラジル、ドイツ、イタリア、スペインにてリリースされる。また9、12、15日の3日間に「ディジット」がゲームの初期ユーザーに無料配布される予定だ。

ユービーアイソフトは今年4月、自社の戦略イノベーションラボを通じて、テゾスエコシステムの関連企業であるノマディク・ラボズ(Nomadic Labs)と協力し、テゾスのステーキングに参加した。その際に、ユービーアイソフトは「ブロックチェーンテクノロジーのサポートとゲームの未来におよぼす可能性の探索に引き続き取り組む」と表明していた。

関連ニュース

仏ゲーム大手ユービーアイソフト、テゾスのステーキングに参加

バイナンス、NFTゲームプラットフォームの「VulcanForged PYR(PYR)」を上場へ

ルイヴィトンがブロックチェーンゲーム「LOUIS THE GAME」ローンチへ、ビープルがNFTアート提供

NFT利用のサッカーゲーム提供のソーレアがUbisoftと提携して新ゲーム発表

参考:ubisoft
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Arkadiusz-Warguła

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【8/18話題】Phantomの新機能Burn NFT、Fractionalが約27億円調達とTesseraに名称変更など(音声ニュース)

ソラナのウォレットPhantomが新機能「Burn NFT」、スパムNFTバーンでSOL取得も、NFT分散所有の「Fractional」、約27億円調達と「Tessera」に名称変更、世界銀行グループ、炭素クレジットファンド設立へ、取引プラットフォーム構築も、FRB理事、デジタルドルに消極姿勢、クリプトドットコム、英国で暗号資産事業者の認可取得、コイントレード、ポルカドット(DOT)上場、FTXグローバル、ソラナDEXの「Orca(ORCA)」上場へ、eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ、欧州中央銀行、銀行への暗号資産規制を緩和か、オーストラリアで個人投資家向けビットコイン現物ETF提供へ、福岡市主催「学校では教えてくれないWeb3の可能性」8/27開催、オンライン配信も(渡辺創太/紫竹佑騎/設楽悠介)

Sponsored

eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ

株式や暗号資産などの投資プラットフォームを提供するイートロ(eToro)が、米国の株式などのオプション取引プラットフォームであるギャツビー(Gatsby)を買収するための契約を締結したことを8月17日に発表した。ギャツビーは2018年に設立され、米国の若年層向けに手数料無料で株式のオプション取引ができるアプリを提供してきた。