バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始

バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、新たに暗号資産カストディサービスを開始したことを12月6日に発表した。

このサービス「Binance Custody」は機関投資家向けに提供されるとのこと。

発表によると「Binance Custody」はリトアニア共和国にて立ち上げられており、まずは同国の機関投資家を対象に試験的に提供を始めるという。なお将来的には他の地域での提供も目指しているとのことだ。

このサービスで提供するコールドウォレットでは、FIPS(米国連邦情報処理規格)140-2準拠のハードウェアセキュリティモジュール(HSM)の採用やマルチシグを用いた出金を行うとのこと。また保管する資産については全て保険が掛けられており、投資家の保護要件に基づいた特注の保険も、リクエストに応じて利用できるとのことだ。

現在世界各国の規制によって、バイナンスが運営する暗号資産取引所事業は楽観的な状況ではない。よりセキュリティを万全にすることは各国の規制に対応する為に必要な取り組みといえる。

参考:バイナンスプレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/RAPEEPON-BOONSONGSUWAN・dalebor

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored