仏ゲーム大手ユービーアイソフト、テゾスのステーキングに参加

仏ゲーム大手ユービーアイソフト、テゾスのステーキングに参加

アサシンクリードやファークライなど、人気ゲームの開発会社として知られている仏大手ゲーム会社ユービーアイソフト(Ubisoft)が、暗号資産(仮想通貨)テゾス(Tezos)のステーキングに参加することを4月20日に発表した。

ユービーアイソフトは自社の戦略イノベーションラボを通じて、テゾスエコシステムの関連企業であるノマディク・ラボズ(Nomadic Labs)と協力し、このノードネットワークに参加した。ユービーアイソフトはベーカー(ノード)としてテゾスエコシステムに参加することにより、ブロックチェーンテクノロジーのサポートとゲームの未来におよぼす可能性の探索に引き続き取り組む予定だ。

ノマディク・ラボズは「ユービーアイソフトは、企業のベーカー(baker)になることでテゾステクノロジーを模索しています。ようこそエコシステムへ!」とツイートした。

テゾスブロックチェーンのスペシャリストであり、ノマディク・ラボズの社長であるミシェル・モーニー(Michel Mauny)氏は「ユービーアイソフトはブロックチェーンテクノロジーに関心を示した最初の大手企業のひとつであり、私たちエコシステムは彼らの参加を歓迎しています。彼らの経験とビジョンは、テゾスコミュニティの資産になります」と述べている。

参考:Nomadic Labs

(images:iStock/yucelyilmaz・dalebor)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/2話題】イーサのパブリックテストネットZhejiang公開、分散型データストレージシステムBNB Greenfieldなど(音声ニュース)

イーサリアム、ステーク出金機能対応のパブリックテストネット「Zhejiang」公開、BNBチェーン、分散型データストレージシステム「BNB Greenfield」発表、コンセンシス、無料web3学習プラットフォーム「MetaMask Learn」提供開始、c0ban取引所が業務再開、エクシアから独立しCoin Masterとして、欧州投資銀行、ポンド建てデジタル債券発行へ、暗号資産ハッキング被害、昨年が過去最高の38億ドル、北朝鮮グループが主導か、分散型取引所Dexalot、アバランチ(AVAX)サブネットでローンチ、SUSHI TOPと「tofuNFT」のCOINJINJAが業務提携、LINE NFT、物件仲介手数料が0.5ヶ月分になるNFT「サクラノスマイ」発売へ、クロスチェーン通信プロトコル「レイヤーゼロ」、重大な脆弱性の指摘を否定、フットサルチーム「ポルセイド浜田」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored