NFT利用のサッカーゲーム提供のソーレアがUbisoftと提携して新ゲーム発表

NFT利用のサッカーゲーム提供のソーレアがUbisoftと提携して新ゲーム発表

NFTを利用したファンタジーフットボールゲームを提供するソーレア(Sorare)がフランスの大手ゲーム開発企業ユービーアイソフト(Ubisoft)と提携して、新たなサッカーゲーム「ワンショットリーグ(One Shot League)」を開発したことを3月2日に発表した。

ソーレアのファンタジーフットボールゲーム「Sorare」はイーサリアムベースのNFTを選手カードとして活用したサッカーゲーム。選手カードには実在する選手のデータが記載されており、その選手の現実でのパフォーマンスによってNFTのステータスも変化する仕組みとなっている。

「Sorare」によって発行されたカードはユーザー間での取引やサードパーティーによる利用が可能となっており、今回発表されたワンショットリーグは「Sorare」の選手カードをユービーアイソフトが利用する形になっている。

ワンショットリーグは、ベルギーのサッカーリーグであるジュピラー・プロ・リーグ(Jupiler Pro League)を舞台とした5人制のサッカーゲームとなっている。ユーザーは「Sorare」が発行するジュピラー・プロ・リーグ選手カードを使ってチームを編成し、シーズン中の週末に行われる試合にてスコアを争う。1つの選手カードは1シーズンにつき1試合しか使用できないため、戦略的要素の強いゲームになっているとのことだ。

ユーザーはワンショットリーグのサイトにてSorareアカウントを連携することで無料でゲームを始めることができ、試合に勝つと報酬としてレアカードを受けとれるとのことだ。

関連ニュース

ブロックチェーンサッカーゲーム「Sorare(ソーレア)」が日本のJリーグ所属全選手のNFTカードを発行

メタップスアルファがブロックチェーンサッカーゲームを運営するSorare(ソーレア)とパートナー提携

参考:Sorare

(imaes:iStocks/Matrosovv)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/26話題】アスターが日経新聞に全面広告、バイナンスが日本市場参入検討かなど(音声ニュース)

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り、GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任、バイナンス、日本市場参入検討か=報道、メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達、DBS銀行、認定投資家の暗号資産取引を可能に、テザー「USDT」、ポルカドット(DOT)上に発行開始、フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

Sponsored

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

NFT事業やファントークン発行プラットフォーム「FiNANCiE」を展開するフィナンシェが、同プラットフォームを利用するスポーツ団体に対して、ブロックチェーン上のトークン(暗号資産)発行とその後の流通、グローバル展開までの総合的な支援を開始したことを9月26日発表した

メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達

メタバースのインフラを開発するハデーン(Hadean)が、シリーズAラウンドで3,000万ドル(約43億円)の資金調達実施を9月23日に発表した。同社は分散型クラウドコンピューティングのオープンプラットフォームとして、web3やメタバースを実現するためのインフラを開発している。なお現在同社は、マインクラフトやソニー、ゲームズコインなどと複数年契約を締結しているとのことだ。

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored