メタップスアルファがブロックチェーンサッカーゲームを運営するSorare(ソーレア)とパートナー提携

メタップスアルファがブロックチェーンサッカーゲームを運営するSorare(ソーレア)とパートナー提携

株式会社メタップスアルファが、ブロックチェーンを利用したサッカーゲーム「ファンタジーフットボール※」を運営するSorare(ソーレア)とパートナー提携したことを8月6日発表した。

Sorareはフランスを拠点とする企業であり、ユベントスやアトレティコをはじめとする多数のプロサッカークラブと提携している。同社の運営するファンタジー・フットボールでは、提携するサッカークラブの選手のカードがNFT(Non-fungible-token)として発行されている。

具体的な提携内容としては、メタップスアルファが運営するデジタルアイテム(NFT)のマーケットプレイス「miime(ミーム)」上で、Sorareが販売する全てのクラブ公式ブロックチェーンカードのトレードが可能になるとのこと。さらにメタップスアルファはSorareの日本市場進出の窓口となり、Sorareの日本におけるプレゼンス拡大に貢献するとのことだ。

2020.8.18追記
※株式会社メタップスアルファに改めてゲーム名の確認をしたところ「ファンタジーフットボール」ではなく、正しいゲーム名は社名であるSorareと同じ「Sorare」であるとのことでした。

編集部のコメント

メタップスアルファはブロックチェーン技術にコミットしたサービス開発を行っている企業です。自社プロダクトの開発・技術コンサルティング・マーケティングリサーチという3つの事業に特化し、ブロックチェーン領域における先進的な事業を創造しています。2019年9月に「miime」のオープンベータ版をリリースし、今年7月には「miime」上での日本円によるデジタルアイテムの決済機能の追加を発表しています。

Sorare社は、プレイヤーがクラブ公式のサッカー選手のデジタルカードを取引できるブロックチェーンサッカーゲーム「ファンタジー・フットボール」の運営会社です。Sorare社のデジタルカードは、2020年7月に25,000人以上のユーザーを集め、月間55万ドル(約5,800万円)の取引ボリュームとなっています。同社には、e.ventures(イーベンチャーズ)、Partech(パーテック)、Seedcamp(シードキャンプ)、ConsenSys(コンセンシス)などのベンチャーキャピタルや、ワールドカップチャンピオンのAndreSchurrle(アンドレ・シュールレ)が出資しています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/burakowski)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/20話題】FTX USが株式取引ベータ版提供、DEVプロトコルと社寺建築の翠雲堂が提携など(音声ニュース)

FTX USが株式取引ベータ版提供、米ドルステーブルコインUSDCにも対応、【取材】「寺DAO」で暗号資産調達、DEVプロトコルと社寺建築の翠雲堂が提携、web3ゲーム企業AzraGames、a16z主導シードラウンドで約19.2億円調達、ジャミロクワイがメタバース進出、「The Sandbox」と提携、ブラジルサッカー「ECバイーア」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、朝日印刷らがブロックチェーンで医薬品を追跡管理、Hyperledger Fabric採用

Sponsored