メタップスアルファがブロックチェーンサッカーゲームを運営するSorare(ソーレア)とパートナー提携

メタップスアルファがブロックチェーンサッカーゲームを運営するSorare(ソーレア)とパートナー提携

株式会社メタップスアルファが、ブロックチェーンを利用したサッカーゲーム「ファンタジーフットボール※」を運営するSorare(ソーレア)とパートナー提携したことを8月6日発表した。

Sorareはフランスを拠点とする企業であり、ユベントスやアトレティコをはじめとする多数のプロサッカークラブと提携している。同社の運営するファンタジー・フットボールでは、提携するサッカークラブの選手のカードがNFT(Non-fungible-token)として発行されている。

具体的な提携内容としては、メタップスアルファが運営するデジタルアイテム(NFT)のマーケットプレイス「miime(ミーム)」上で、Sorareが販売する全てのクラブ公式ブロックチェーンカードのトレードが可能になるとのこと。さらにメタップスアルファはSorareの日本市場進出の窓口となり、Sorareの日本におけるプレゼンス拡大に貢献するとのことだ。

2020.8.18追記
※株式会社メタップスアルファに改めてゲーム名の確認をしたところ「ファンタジーフットボール」ではなく、正しいゲーム名は社名であるSorareと同じ「Sorare」であるとのことでした。

編集部のコメント

メタップスアルファはブロックチェーン技術にコミットしたサービス開発を行っている企業です。自社プロダクトの開発・技術コンサルティング・マーケティングリサーチという3つの事業に特化し、ブロックチェーン領域における先進的な事業を創造しています。2019年9月に「miime」のオープンベータ版をリリースし、今年7月には「miime」上での日本円によるデジタルアイテムの決済機能の追加を発表しています。

Sorare社は、プレイヤーがクラブ公式のサッカー選手のデジタルカードを取引できるブロックチェーンサッカーゲーム「ファンタジー・フットボール」の運営会社です。Sorare社のデジタルカードは、2020年7月に25,000人以上のユーザーを集め、月間55万ドル(約5,800万円)の取引ボリュームとなっています。同社には、e.ventures(イーベンチャーズ)、Partech(パーテック)、Seedcamp(シードキャンプ)、ConsenSys(コンセンシス)などのベンチャーキャピタルや、ワールドカップチャンピオンのAndreSchurrle(アンドレ・シュールレ)が出資しています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/burakowski)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【速報】約6.3ETH(約276万円)で落札、箕輪厚介編集長の雑誌「サウナランド」電子書籍出版権NFT

NFT事業や「FiNANCiE」を提供する株式会社フィナンシェが、NFT事業において箕輪厚介編集長のサウナ専門雑誌「サウナランド」の電子書籍をNFTとして発行し、オークションを開催していた。 そして本日5月11日21時59分に終了予定だったオークションは、終了直前に入札が相次ぎ、延長の末23時分に終了した。

デジタル人民元が中国人民銀行提供のウォレットで利用可能に、UBS証券の富裕層顧客向けサービスなどのニュース解説ラジオ

デジタル人民元、アリペイおよび中国人民銀行のモバイルウォレットで利用可能に、中国の暗号資産サービス企業バベル・ファイナンス、セコイアチャイナらから約40億円の資金調達、UBS証券、富裕層顧客向けデジタル資産投資サービスを検討開始、暗号資産預け入れサービス「ジェミナイ・アーン」にてDOGE、SUSHI、INJ、MATICのサポート開始、Internet Computer(ICP)、新たにバイナンスとKuCoinに上場、ブロックチェーン活用の新型コロナウィルス陰性デジタル証明書、カリブ海アルバ島にて試験運用、アバカスが暗号資産交換業を撤退、申請も取り下げに、ソーシャルカラオケアプリ「SOMESING for LINE Blockchain」が正式ローンチ

暗号資産預け入れサービス「ジェミナイ・アーン」にてDOGE、SUSHI、INJ、MATICのサポート開始

暗号資産(仮想通貨)取引所とカストディアンサービスを運営する米ジェミナイ(Gemini)が、同社の提供する暗号資産預け入れサービス「ジェミナイ・アーン(Gemini Earn)」にてドージコイン(DOGE)を年利(APY)2.25%にて取り扱いを開始することを5月9日発表した。なおジェミナイはドージコインの取り扱いを5月4日より開始している。