野村證券らのジョイントベンチャー「Komainu」がヨーロッパデジタル資産運用企業Coinsharesのカストディアンへ

野村證券らのジョイントベンチャー「Komainu」がヨーロッパデジタル資産運用企業Coinsharesのカストディアンへ

Coinshares(コインシェアーズ)Coinshares Capital Markets(コインシェアーズ・キャピタル・マーケッツ)が保有するすべてのデジタル資産のカストディ業務を「Komainu」へ委託したことを発表した。「Komainu」は野村證券、デジタルアセットセキュリティ会社のLedger、CoinShares Internationalのジョイントベンチャーだ。

Coinsharesはデジタル資産クラスの資産運用会社として、「Komainu」の革新的な独自技術を活用し、投資家に安心感、信頼感、透明性を提供することを目的に業務を委託した。 

Coinsharesのプロダクト責任者であるTownsend Lansing(タウンゼント・ランシング)氏は「デジタル資産のエコシステムは常に急速に進化しており、資産の安全な保管は投資家の皆様にとって最も重要であり、当社にとっても必要不可欠なものです。当社は、当社の商品が最高のインフラと専門知識に支えられていることを保証することが当社の義務であるため、第三者との関係を定期的に見直しています。「Komainu」と一緒に仕事ができることを嬉しく思います。また当社が運営しているデジタル資産の取引所XBT Providerは運営5年目を迎えました。「Komainu」と当社のデジタル資産市場への深い理解が、今後も投資家の利益のために最善を尽くしてくれると信じています」とコメントしている。

Komainuのオペレーション責任者であるKenton Farmer(ケントン・ファーマー)氏は「Coinshares Capital Marketsをクライアントとして迎え、ヨーロッパ最大のデジタル資産取引所のXBT Providerの成長をサポートできることを嬉しく思います。「Komainu」は顧客ニーズに合った堅牢で柔軟なカストディサービスを提供することでデジタル資産を安全に保管するだけでなく、顧客がサービスへすぐにアクセスできるようにし、Coinshares Capital Marketsが日々の業務に集中できるようにしています。これは強力なポリシーと手続きのフレームワークに裏打ちされた最高のセキュリティを組み合わせた顧客本位のソリューションのおかげで実現されています」とコメントしている。

編集部のコメント

「Komainu」はCoinSharesの共同創業者でCEOのJean-Marie Mognetti(ジャン=マリー・モグネッティ)氏が代表を務めています。「Komainu」の特徴としては、暗号資産業界で最も広く利用されているウォレットの生みの親であるLedger社と、大手投資銀行である野村ホールディングスが連携していることと、複数の試験導入を繰り返して大規模な金融機関の技術システムとの統合を容易にしている点であると6月17日のプレスリリースで発表しています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

images::iStock/your_photo)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ブロックチェーン学習サービス「PoL」が世界8言語対応、Eth2リサーチャーとのAMA開催も発表

株式会社techtec(テックテク)が、同社運営のブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を新たに世界8言語にてグローバルローンチしたことを7月28日発表した。対応する言語は英語、中国語、ヒンディー語、インドネシア語、ロシア語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語となる。

国際決済銀行、クロスボーダー決済を実現する「プロジェクト・ネクサス」構想発表

国際決済銀行(BIS)が各国の高速決済システムを連携させ、国境を越えた即時決済を可能にする「プロジェクト・ネクサス(Project Nexus)」を7月28日に発表した。このプロジェクトは、G20らが進めているクロスボーダー決済の強化に向けた活動を補完するものとのことだ。

リップル(XRP)利用の国際送金サービス開始、SBIレミットとSBI VCトレードがフィリピンに向けに

SBIレミット株式会社が日本初となる暗号資産(仮想通貨)を用いた国際送金サービスを開始したことを7月28日発表した。このサービスは国内にて暗号資産交換業を運営するSBI VCトレード株式会社と米リップル社(Ripple Labs Inc.)との提携を通じてフィリピン向けに展開するとのこと。