米ロックバンド「Kings Of Leon」がニューアルバムをNFTでリリース

米ロックバンド「Kings Of Leon」がニューアルバムをNFTでリリース

米ロックバンド「Kings of Leon(キングス・オブ・レオン)」が、ニューアルバムをNFT(代替不可能トークン)形式でリリースすることを3月3日にメディアRollng Stoneが報じた。3種類のNFTがリリースされる予定で、プロジェクト名は「NFT Yourself」だ。

このNFTのクリエイティブデザインは「Kings Of Leon」の長年のクリエイティブパートナーである「Night After Night」が担い、NFTのスマートコントラクト開発やトークンデザインなどは「YellowHeart」が担うとのこと。

3種類のNFTは「(1)スペシャルアルバムパッケージ、(2)終始前列シートなどのライブ特典、(3)オーディオビジュアルアートだけの限定パッケージ」となっている。

ちなみにこのアルバムは、Spotify、iTunes、Apple Music、Amazonなどでリリースされるが、「YellowHeart」のウェブサイトで購入できるアルバムだけがNFT版の特典付きの商品となる。

そしてこのNFTアルバムの販売は3月5日(金)のアメリカ時間午後12時にオークション形式で開始される予定となっている。オークションは2週間続き、そのあとはマーケットプレイスで2次流通される形となる。

YellowHeartのCEOであるジョシュ・カッツ(Josh Katz)氏は「この20年、失われた20年の間に、私たちは音楽の価値が下がっているのを目の当たりにしてきました。音楽は音楽以外のすべてのものを売るのが得意になってしまったのです。

以前は、1曲を聴きに行くのに20ドルかかっていました。ストリーミングのサブスクリプションモデルがアーティストを取り返しのつかないほど傷つけていると考えています。

NFTは現代のファンに再び音楽を所有したいと思わせるきっかけになるだろうと考えています。

まだ初期段階ですが、将来的にNFTは人々が自分の曲をリリースする方法になると思います」とRolling Stoneの取材に対して答えている。

Night After NightのCOOであるケイシー・マクグラス(Casey McGrath)氏は「スタジオでのバンドのアプローチからフィルムでの撮影まで、アナログな方法でアルバム『When You See Yourself』のリリースにアプローチしました。

デジタルアートの考え方で『NFT YOURSELF』にアプローチすることで、作品に電気が流れました。その空間を理解している人たちには、このコレクタブルアートを作るために使用した音声生成画像、ポーズ検出、ピクセルモーフィングの技術を理解してもらえるでしょう。

そうでない方にも、アナログとデジタルがぶつかり合うことで生まれる、紛れもない迫力と感動を感じていただければと思います」とコメントしている。

編集部のコメント

現在YellowHeartのCEOであるジョシュ・カッツ氏は複数のアーティストにNFTに関するコンサルティングを行っているようです。YellowHeartには世界的アーティスト「The Chainsmokers」と彼らのマネージャーを務めていて、Disuruptor RecordsのCEOであるAdam Alpertが出資を行っています。YellowHeartはブロックチェーンやNFTを活用して、本格的に音楽業界を変革していく注目すべき企業の1つでしょう。

参考:Kings of Leon Will Be the First Band to Release an Album as an NFT

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStocks/solarseven)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

PerfumeのNFTアート、DBS銀行が貿易金融プラットフォーム提供開始などのニュース解説ラジオ

Perfume、NFTアートのリリース発表、シンガポールDBS銀行、オーストラリア・中国・香港・シンガポールの顧客向けに貿易金融プラットフォーム提供開始、バイナンスの株式トークン、香港及び欧州規制当局が調査か、SBIトレーサビリティ株式会社が新設、ブロックチェーン活用のトレーサビリティ・サービス等を提供しSDGsに貢献、EYが特許取得、ブロックチェーンを適用しサプライチェーンマネジメントを高度化(パートナー荻生泰之氏コメントあり)、コインベースプロにてテザー(USDT)が上場へ、NFTマーケットプレイス「nanakusa」と財務・管理会計システム「Gtax」が提携、公認アーティストにNFT販売レポート機能提供、NFTマーケットプレイス「ユニマ」が事前登録の受付開始、杉田陽平氏のアートや山口周氏の書籍が販売へ、日本初のNFTバーチャルスニーカー、発売から9分で完売、コインチェックとゲームエイトがNFT事業において連携開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」と財務・管理会計システム「Gtax」が提携、公認アーティストにNFT販売レポート機能提供

NFTマーケットプレイス「nanakusa(ナナクサ)」を運営するする株式会社スマートアプリと暗号資産(仮想通貨)の財務・管理会計ソフト「Gtax(ジータックス)」を提供する株式会社Aerial Partnersが提携し、nanakusa公認クリプトアーティスト向けに「Gtax for Creators」を提供することを4月22日発表した。

シンガポールDBS銀行、オーストラリア・中国・香港・シンガポールの顧客向けに貿易金融プラットフォーム提供開始

シンガポールのDBS銀行が、アジア太平洋地域の主要な貿易拠点における貿易金融のデジタル化を推進するため、貿易金融プラットフォーム「Contour」の提供を法人顧客に拡大したことを発表した。サービス展開を拡大するアジア太平洋地域の主要な貿易拠点は、オーストラリア、中国、香港、シンガポールだ。