インスタグラムCEO、NFT事業への参入を積極的に検討か

インスタグラムCEO、NFT事業への参入を積極的に検討か

インスタグラム(Instagram)のCEOであるアダム・モッセリ(Adam Mosseri)氏が、NFT領域への参入を積極的に検討していることが分かった。モッセリ氏が自身のインスタグラムアカウントにて12月18日発信した。

アダム・モッセリ氏は「まだ何も発表することはありませんが、私たちは間違いなくNFTへの参入機会を積極的に探求しており、どのようにすればより多くの人々がアクセスできるようになるかを模索しています。NFTはうまくいけばクリエイターを助けるための方法になるでしょう(以下略)」と発言している。

インスタグラムは今年6月、NFTに関するセッションをクリエイター向けのイベント内にて開催した。

そして今年10月には親会社であるメタ(元フェイスブック)が社名を変更し、メタバース領域への本格参入を発表した。

その発表の中でも、メタはNFTに注視しており「NFTは新たなオーナーシップモデルの1つである」と説明していた。 今後インスタグラムがどのような形でNFTに関わるのか、非常に注目すべき動向であると考える。

参考:Twitter
デザイン:一本寿和
images:iStocks/bigtunaonline

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/20話題】FTX USが株式取引ベータ版提供、DEVプロトコルと社寺建築の翠雲堂が提携など(音声ニュース)

FTX USが株式取引ベータ版提供、米ドルステーブルコインUSDCにも対応、【取材】「寺DAO」で暗号資産調達、DEVプロトコルと社寺建築の翠雲堂が提携、web3ゲーム企業AzraGames、a16z主導シードラウンドで約19.2億円調達、ジャミロクワイがメタバース進出、「The Sandbox」と提携、ブラジルサッカー「ECバイーア」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、朝日印刷らがブロックチェーンで医薬品を追跡管理、Hyperledger Fabric採用

Sponsored