クロスチェーンプロトコル「Multichain」、約68億円を調達。Binance主導で

「Multichain」、約68億円を調達。

クロスチェーンプロトコル開発のマルチチェーン(Multichain)が、約1,300億円(120億ドル)の評価額で68億円(6000万ドル)を調達したことが12月21日に分かった。なおマルチチェーンは今年、エニースワップ(Anyswap)から名称を変更した。

この資金調達はBinance Labsがリードし、Sequoia China、IDG Capital、Three Arrows Capital、DeFiance Capital、Circle Ventures、Tron Foundation、Hypersphere Ventures、Primitive Ventures、Magic Ventures および HashKey が参加した。

また資金提供者すべてがweb3の共通ビジョンを達成するために、プロジェクトの開発など深いレベルで共同して関わっていくとのことだ。

今回調達した資金は、R&Dチーム、特に暗号アルゴリズムの研究チーム、セキュリティに注力する監査チーム、より多くのユーザーとMultichainと接続するブロックチェーンエコシステムをサポートするサービスチームの拡大など、チームとエコシステムの成長に投資に活用していく予定とのことだ。

現在、MultichainはEthereum、Fantom、Binance Smart Chain、Avalanche、Moonriver、Arbitrum、Polygon、Harmonyを含めた25種類のパブリックブロックチェーンに対して分散型クロスチェーンインフラを提供している。

発表によれば現在のユーザー数は30万人を超えており、プロトコルの預かり資産(TVL)は50億ドル以上になっているとのことだ。

Multichainの共同創業者であるZhaojun氏は次のようにコメントしている。

「Multichainは現在、誰よりも多くのパブリックブロックチェーンと暗号資産を接続し、より低い取引手数料、短いブリッジング時間、高いセキュリティレベルを実現するクロスチェーンインフラとなっています。Web3を改善する私たちの計画に沿って、MultichainはNFT Cross-Chain Bridgeと、任意のクロスチェーンコントラクトコールのための新しいanyCallソリューションを統合し、クロスチェーンのエコシステムにおける革新的なNFTとDeFi DAppsをサポートします。私たちはクロスチェーン研究の最前線に立ち続けます」

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した