FTX、ソラナ上のDEXアグリゲーター「プリズム(PRISM)」上場

FTXにPRISM上場

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所FTXで、新たに暗号資産プリズム:Prism(PRISM:プリズム)が上場することが12月27日分かった。なおPRISMは今回が初めての中央集権型取引所(CEX)での上場となる。

FTXでのPRISMの取り扱いは12月28日の14:00(UTC:世界協定時)より開始予定で、取引ペアはPRISM-USDとなっている。

プリズムは、ソラナ(Solana)上でDEXのアグリゲーターサービスを提供しており、複数のDEXを1つのプラットフォームに繋ぐことで、ユーザーが効率的なトークンスワップを出来るようにしている。

なおPRISMは、レイディウム(Raydium)やセラム(Serum)といったソラナ上の分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお時価総額は約20億円となる(12/28コインマーケットキャップ調べ)。

今月FTXで暗号資産が上場するのはPRISMで8銘柄目となる。

10日にアバランチ:Avalanche (AVAX)、12日にベンキューアイ:BENQI (QI)、14日にネクスオー:NEXO(NEXO)、19日にポルカドット:Polkadot(DOT:ドット)とモンキーボール:MonkeyBall(MBS)、21日にギルドオブガーディアンズ:Guild of Guardians(GOG)22日にリアリーメタバース:Realy Metaverse(REAL:リアル)が上場している。

関連ニュース

FTX、メタバースのRealy Metaverse (REAL)上場

FTX、ポルカドット(DOT)など3銘柄上場へ

FTX、アバランチ上のDEXプロトコル「トレーダージョー(JOE)」上場へ

FTX、ネクスオー(NEXO)上場へ

FTX、アバランチ上のレンディングプロトコル「BENQI(QI)」を上場へ

参考:FTX
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【1/20の話題】ビットポイントでディープコイン(DEP)上場、米個人年金積立で暗号資産購など(音声ニュース)

国内初、ビットポイントでDEAのディープコイン(DEP)上場へ、米個人年金積立で暗号資産購入、iTrustCapitalが約143億円調達、LINE、グローバル向けNFTプラットフォーム「DOSI」発表、米銀行ら発行のステーブルコイン「USDF」、銀行間送金に成功、米コインベースにShping Coin(SHPING)上場、アスター(ASTR)、クーコインに上場、FTXでPsyOptions(PSY)上場へ、OpenSea、暗号資産ウォレットのダルマ・ラボ買収、全豪オープン、記念NFTコレクションをリリース、コインハイブ事件、最高裁で逆転無罪に、南葛SCとSHIBUYA CITY FC、選手報酬一部をトークンで。南葛は稲本潤一選手も入団でホルダーに、バスケB3リーグ「鹿児島レブナイズ」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored