マイアミの人気ナイトクラブ、BAYCを約4,500万円で購入

マイアミの人気ナイトクラブ、BAYCを約4,500万円で購入

米マイアミの人気ナイトクラブ「E11EVEN Miami」を運営する「E11EVEN Partners」が、NFTの「Bored Ape Yacht Club(BAYC)#11」を99ETH(約4,500万円)で購入したこと12月27日に発表した。

ちなみに「E11EVEN Miami」では今年の4月より暗号資産(仮想通貨)決済を受け入れており、累計の決済処理額は4.6億円(400万ドル)に及んでいると発表されている。

E11EVENのパートナーであるデニス・デゴリ(Dennis DeGori)氏、マイケル・シムキンス(Michael Simkins)氏、マーク・ロバーツ(Marc Roberts)氏は次のようにコメントしている。

「E11EVENは常に最先端であることに専念し、時代の最先端を走ってきました。暗号資産を支払い手段として受け入れた8カ月間で大きな成功を収め、このような機会はブランドと資産を拡大し続けるビジネスにとって自然な移行であると捉えています。Bored Ape #11をNFTの最初の購入として、この分野での足跡を伸ばし続けることができ、とても嬉しく思っています」

また「E11EVEN Partners」の不動産部門である「E11EVEN Hotels and Residencies」は10月に暗号資産取引所のFTXと提携し、高級高層ビルや住宅取引で暗号資産決済を開始したことも発表している。

参考:E11EVEN Partners
images:via REUTERS

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/18題】TikTokのByteDance子会社がSui採用、ワールドコインが「World Chain」今夏ローンチへ

TikTokのByteDance子会社、ゲーム等のサポート事業に「Sui」採用、ワールドコイン(WLD)、独自のイーサリアムL2「World Chain」今夏ローンチへ、日銀、「中銀デジタル通貨」の連絡会議の中間整理を報告、EY、企業向け契約管理ソリューション「EY OCM」ローンチ。イーサリアム上で、ニュージーランド中銀、デジタル通貨の開発協議スタート

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない