マイアミの人気ナイトクラブ、BAYCを約4,500万円で購入

マイアミの人気ナイトクラブ、BAYCを約4,500万円で購入

米マイアミの人気ナイトクラブ「E11EVEN Miami」を運営する「E11EVEN Partners」が、NFTの「Bored Ape Yacht Club(BAYC)#11」を99ETH(約4,500万円)で購入したこと12月27日に発表した。

ちなみに「E11EVEN Miami」では今年の4月より暗号資産(仮想通貨)決済を受け入れており、累計の決済処理額は4.6億円(400万ドル)に及んでいると発表されている。

E11EVENのパートナーであるデニス・デゴリ(Dennis DeGori)氏、マイケル・シムキンス(Michael Simkins)氏、マーク・ロバーツ(Marc Roberts)氏は次のようにコメントしている。

「E11EVENは常に最先端であることに専念し、時代の最先端を走ってきました。暗号資産を支払い手段として受け入れた8カ月間で大きな成功を収め、このような機会はブランドと資産を拡大し続けるビジネスにとって自然な移行であると捉えています。Bored Ape #11をNFTの最初の購入として、この分野での足跡を伸ばし続けることができ、とても嬉しく思っています」

また「E11EVEN Partners」の不動産部門である「E11EVEN Hotels and Residencies」は10月に暗号資産取引所のFTXと提携し、高級高層ビルや住宅取引で暗号資産決済を開始したことも発表している。

参考:E11EVEN Partners
images:via REUTERS

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/9話題】米スタバがNFTプログラムβ版ローンチ、イーサ「シャンハイ」来年3月になど(音声ニュース)

スターバックスがNFTプログラムβ版ローンチ、米国内で、イーサリアム、次期大型アップグレード「シャンハイ」は来年3月目標に、ペイパルの暗号資産取引サービス、ルクセンブルグに展開へ、オープンシー、ロイヤリティ強制ツールについて新たな方針発表、web3クリエイタースタジオ「Shibuya」、a16zやパリスヒルトン、伊藤穰一らから資金調達、米コインベース、USDTからUSDCへの変換手数料を無料に、監査企業Mazars、バイナンスのビットコイン準備金が問題ないと証明、DEAとYGG SEAが提携、東南アジア市場の拡大へ、バイナンスUS、イーサリアム(ETH)の取引手数料を撤廃へ、RTFKTとNikeがweb3スニーカー「クリプトキックス iRL」販売へ、動いて稼ぐ機能も搭載予定

Sponsored