フェラーリ、NFT販売に向けVelas(VLX)と提携

フェラーリがファン向けにNFT販売へ

高級スポーツカーメーカーのフェラーリ(Ferrari)が、NFTの販売を計画していることが分かった。

フェラーリは12月27日、スイスのブロックチェーン企業であるヴェラスネットワーク(Velas Network)とファン向けのデジタルコンテンツ制作に関する契約の締結を発表した。

なおヴェラスはフェラーリのNFT制作サポートの他、来シーズンよりF1(フォーミュラーワン)レーシングチームとしてのパートナーとなるとのこと。

さらにヴェラスは公式のeスポーツ選手権である「F1 Esports Series」に出場するeスポーツチームのタイトルスポンサーにもなるとのことだ。

ヴェラスネットワークは、高スループットのブロックチェーン「Velas」を開発する企業。「Velas」はソラナ(Solana)のコードベースをサポートし、EVM(イーサリアムバーチャルマシン)にも互換性を持っている。

なお「Velas」のユーティリティトークンであるVLXの記事執筆時点での時価総額は、約965億円となっており、ゲート(Gate.io)やクーコイン(KuCoin)、ビットトレックス(Bittrex)などの暗号資産(仮想通貨)取引所で取り扱われている他、ユニスワップV2(Uniswap V2)やパンケーキスワップV2(PancakeSwap V2)といった分散型取引所(DEX)でも取り扱いがある(12/28コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

アウディ、初のNFTを中国でリリース

ポルシェ、NFTをオークションにて販売

ボルボのEV「ポールスター」がサーキュラーと提携、バッテリーに使用の鉱物とCO2を追跡

F1チームのレッドブル・レーシング・ホンダ、テゾスブロックチェーンと提携

参考:ロイターヴェラス
※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
翻訳:大津賀新也(あたらしい経済)
images:Reuters

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【1/20の話題】ビットポイントでディープコイン(DEP)上場、米個人年金積立で暗号資産購など(音声ニュース)

国内初、ビットポイントでDEAのディープコイン(DEP)上場へ、米個人年金積立で暗号資産購入、iTrustCapitalが約143億円調達、LINE、グローバル向けNFTプラットフォーム「DOSI」発表、米銀行ら発行のステーブルコイン「USDF」、銀行間送金に成功、米コインベースにShping Coin(SHPING)上場、アスター(ASTR)、クーコインに上場、FTXでPsyOptions(PSY)上場へ、OpenSea、暗号資産ウォレットのダルマ・ラボ買収、全豪オープン、記念NFTコレクションをリリース、コインハイブ事件、最高裁で逆転無罪に、南葛SCとSHIBUYA CITY FC、選手報酬一部をトークンで。南葛は稲本潤一選手も入団でホルダーに、バスケB3リーグ「鹿児島レブナイズ」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored