F1チームのレッドブル・レーシング・ホンダ、テゾスブロックチェーンと提携

F1チームのレッドブル・レーシング・ホンダ、テゾスブロックチェーンと提携

レッドブル・レーシング・ホンダ(Red Bull Racing Honda)がブロックチェーンテゾス(Tezos)と技術提携を5月20日発表した。

この提携によりレッドブル・レーシング・ホンダは、チーム初のデジタルコレクティブルNFTシリーズをテゾスブロックチェーンで独占的に販売し、ファンとの交流を深めるため、新しくユニークな没入感のある体験を提供するとのことだ。

レッドブル・レーシング・ホンダのCEOであるクリスチャン・ホーナー(Christian Horner)氏は「F1の世界では、イノベーションが絶え間なく続いており、車もレースを超えて進化し続け、テゾスも例外ではありません。 テゾスが自身をアップグレードし、ブロックチェーンテクノロジーの最先端に走り続けることができる技術を目指しているため、レッドブル・レーシング・ホンダに自然に適しています」と今回の提携について述べている。

参考:Red Bull

(images:iStocks/pgraphist)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/28話題】INTMAXが「Plasma Next」メイネットαをローンチ、周南公立大がDiamond HandsとWeb5でデジタル学生証など

INTMAX、「Plasma Next」メイネットαをローンチ。Plasmaの完成により拡張性向上、周南公立大学、Web5採用でDID利用のデジタル学生証の実証へ。Diamond Handsと提携で、イーサリアム大型アップグレード「Dencun」、メインネット実装日が3月13日に正式決定、ユニスワップ(UNI)に新機能が追加、暗号資産取引がよりシームレスに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、2日連続で13億ドル超えの取引高を記録、英ロイズ銀行、ブロックチェーン活用の電子船荷証券(eBL)ネットワークに参加、国内初、ビットポイントに「オシトークン(OSHI)」上場、Binance Japanにラップドビットコイン(WBTC)・ファイルコイン(FIL)・スイ(SUI)上場へ、取扱い50銘柄に、ビットフライヤーにドージコイン(DOGE)上場へ、2月で取扱い10銘柄目、SBI、日本酒「作(ZAKU)」にブロックチェーン導入で不正流通を防ぐ。開封後に「ラベルNFTバッジ」受取も、ファントムが「Wallet Watcher」提供開始、任意のウォレットを監視可能に、アバランチ(AVAX)がネットワーク障害でブロック確定が約6時間停止、現在は解決済み