アウディ、初のNFTを中国でリリース

アウディ、初のNFTを中国でリリース

ドイツの自動車メーカーであるアウディ(Audi AG)が、分散型ネットワークプラットフォームであるxNFTプロトコル(xNFT Protocol)と連携し、同社初となるNFTコレクションを中国でリリースすることを8月10日発表した。

今回リリースするNFT作品は「幻想高速」と呼ばれ、中国のアーティストである程然(チェンラン)がアウディの新作デザインの車両「Audi A8L 60 TFSIe」からインスピレーションを受けて創作した作品とのこと。

中国のソーシャルメディアであるWeibo(ウェイボー)でのアウディの投稿によると、NFT作品は通常バージョン80個と先駆バージョンと呼ばれる作品が20個、極致専属バージョンと呼ばれる作品1個を含めて、101個限定となっている。これらは「Audi A8L 60 TFSIe」を購入した最初の100名が配布対象になっており、極致専属バージョンはその100名を対象に抽選で配布されるとのことだ。

参考: アウディのウェイボー・ xNFT
デザイン:一本寿和
images:iStocks/y_carfan

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した