マイクリのガバナンストークン「MCHC」正式上場へ、MEXCと提携

マイクリ、ガバナンストークン「MCHC」上場へ向けMEXCと提携

ブロックチェーンゲーム「My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ:マイクリ)」のガバナンストークンである「MCH Coin(MCHC)」が、海外暗号資産(仮想通貨)取引所MEXC Globalへ正式に上場することが分かった。

マイクリを運営するMCH社はMEXCと戦略的パートナーシップを締結したことを1月3日に発表。この提携により、同取引所での「MCH Coin(MCHC)」および「RAYS(RAYS)」上場について合意したとのことだ。

「RAYS(RAYS)」はマイクリに新規参入するユーザー向けに発行されるERC-20規格のトークン(FT)だ。マイクリではNFT(ヒーロー)の供給量が制限され今後も価格が上がっていくことが想定されており、新規ユーザーがマイクリへ参入しづらい状況が見込まれている。そこでマイクリは幅広いユーザーを対象にマイクリのプレイを提供することを目的とした「My Crypto Heroes -Rays Mining-」を新たに立ち上げ、エントリーレベルのNFTとなる「MCH Soul」とFTとなる「RAYS(RAYS)」を1月初週よりスタートさせる予定となっている。

なお既に「MCHC」はMEXCにて取り扱いされているが、これは同取引所の「Assesment Zone」での取り扱いとなっており、非公式の扱いになっている。そのため今回正式な認可を受けることにより公式の取り扱いとなるようだ。

「MCHC」は現在、海外暗号資産取引所であるBKEXやHotbit、CoinWにてUSDTとのペアにて取引が行われている。また分散型取引所(DEX)であるユニスワップV2(Uniswap V2)でも取り扱われている(1/5コインマーケットキャップ調べ)。なおMCH社へ確認を取ったところ、これらの取り扱いは非公式であるとのことだ。

マイクリを運営するMCH社は「MCH Coin」の取引所上場に向け設立された新会社だ。double jump.tokyo株式会社(DJT)より「MCH Coin」およびマイクリ事業を昨年1月31日に承継していた。

関連ニュース

ブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ)』がユーザー主体の運営を目指しガバナンストークン「MCH Coin」を発行開始

MCHが約1200万円相当のMCHコインの協賛開始

ブロックチェーンゲーム「My Crypto Heroes」運営のdouble jump.tokyoが「MCH Coin」の取引所上場に向け新会社を設立

(My Crypto Heroesゲーム専務の若尾俊仁氏のコメント追記)ブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』がガバナンストークン 「MCH Coin」を発行予定

マンガで解説「NFTとは何?」〜ザ・テクノロジー 2030 より

参考:発表My Crypto Heroes -Rays Mining- 概要
デザイン:一本寿和
images:iStocks/dalebor・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催