【速報】MCHが約1200万円相当のMCHコインの協賛開始

MCHが約1200万円相当のMCHコインの協賛開始

MCH株式会社がMCHコインを他ブロックチェーンゲームに対して協賛する事を3月25日発表した。同社はこれにより、MCHコインエコシステムのさらなる拡張を⽬指すとのことだ。

MCH株式会社は、ブロックチェーンゲーム「My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ:マイクリ)」を開発したdouble jump.tokyo(ダブルジャンプトウキョウ:DJT)株式会社により設立された企業で、MCH社は今年1月よりDJTからマイクリ事業及びDJTのガバナンストークン「MCH Coin」を承継し、運営を行っている。

リリースによると今回連携を開始するのは「My Crypto Saga」「BRAVE FRONTIER HEROES」「CryptoSpells」の3タイトルであるとのこと。

また、これらゲームタイトルに対し、3⽉18⽇現在で約1200万円相当となる最大50万枚のMCHコイン協賛を予定しているとのこと。各ゲームタイトルはMCHコインの協賛と引き換えにNFTを提供することになっているという。なおMCHコインはマーケティング活⽤分アロケーションとして最⼤500万枚が確保されており、この施策にはこのアロケーションからの付与が⾏われるとのことだ。

これに対し各ゲームタイトルは、それぞれ独⾃に基準を設定しユーザーにMCHコイン受取権利を付与出来るようになり、ユーザーは獲得したMCHコインをNFTとの交換に⽤いることができるようになる。そして、その交換に使⽤されたMCHコインの⼀部は、再び該当ゲームタイトルの協賛分として割り当てられるとのことだ。

MCH社は今後様々なブロックチェーンゲームとの連携を通して、MCHコインホルダーの増加、「My Crypto Heroes」エコシステムの拡⼤を⽬指していくとのこで、国内ゲームタイトルに限らず幅広く連携を模索していくとしている。

(images:iStocks/SiberianArt・Who_I_am・kasezo)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/3話題】マスターカードの元NFT責任者が辞表NFT販売、Optimism初アップグレードが3月提案など(音声ニュース)

マスターカードの元NFT責任者、辞表のNFT販売で支援募る、【取材】NFT・ブロックチェーン活用の教育採用サービス「ONGAESHI」発表=コクヨ、SMTB、慶應FinTEKセンター、TUSIM、IGSら運営、コインベース、トークンを違法に販売したとする訴訟の棄却に勝利、tofuNFTとZife INOが業務提携、二次流通支援へ、米クラーケン、開設1年足らずでアブダビオフィス閉鎖、担当者レイオフも=報道、イーサL2「Optimism(OP)」、初のアップグレード「Bedrock」が3月実施で提案、日本ガイシとリコーの合弁会社が事業開始、ブロックチェーン活用の電力デジタルサービス事業化へ、読売ジャイアンツ、春季キャンプで「ジャビット」NFT無料配布、スタートバーン「FUN FAN NFT」で

Sponsored