マイクリがポリゴンと提携、新規ユーザー向けエコシステムへ助成金も

マイクリがポリゴンと提携

ブロックチェーンゲーム「My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ:マイクリ)」が、ポリゴン(Polygon)及びポリゴンスタジオ(Polygon Studios)との戦略的パートナーシップを締結したことが分かった。

ポリゴンはイーサリアムのスケーリングソリューション等を開発・提供するプロジェクト。ポリゴンスタジオはポリゴンネットワーク上のブロックチェーンゲームやNFTの開発を促進するための部門である。

マイクリは、幅広いユーザーを対象にマイクリのプレイを提供することを目的としたエコシステム「My Crypto Heroes -Rays Mining-」を1月初週より立ち上げる予定で、今回のパートナーシップによりマイクリは、ポリゴンスタジオから同エコシステムへのサポートを受けるという。

またパートナーシップの一環として、同エコシステムが発行するERC-20規格のトークン(ファンジブルトークン/FT)「RAYS(RAYS)」のclaim(請求:受け取り)に必要なGas代(手数料)相当のマティック(MATIC)をグラント(助成金)として受け取るとのことだ。なおグラントは着金次第コミュニティへ配布を行うとのこと。

マイクリではNFT(ヒーロー)の供給量が制限され今後も価格が上がっていくことが想定されており、新規ユーザーがマイクリへ参入しづらい状況が見込まれている。そこでマイクリは「My Crypto Heroes -Rays Mining-」を新たに立ち上げ、エントリーレベルのNFTとなる「MCH Soul」をスタートし、またマイクリのFTである「MCH Coin(MCHC)」のエントリーレベルのFT「RAYS(RAYS)」も発行する。

関連ニュース

【解説動画】ポリゴン(MATIC)とは?(ポリゴンチーム ビール依子氏)

分散型取引所ユニスワップV3、ポリゴンで正式稼働

【独占取材】ポリゴンが目指す、人々がブロックチェーンをストレスなく使える世界(Polygon VP-Growth Arjun Kalsy)

ポリゴンが企業向けの取り組み拡大、NFT・DeFi・保険領域

参考:マイクリ
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/3話題】マスターカードの元NFT責任者が辞表NFT販売、Optimism初アップグレードが3月提案など(音声ニュース)

マスターカードの元NFT責任者、辞表のNFT販売で支援募る、【取材】NFT・ブロックチェーン活用の教育採用サービス「ONGAESHI」発表=コクヨ、SMTB、慶應FinTEKセンター、TUSIM、IGSら運営、コインベース、トークンを違法に販売したとする訴訟の棄却に勝利、tofuNFTとZife INOが業務提携、二次流通支援へ、米クラーケン、開設1年足らずでアブダビオフィス閉鎖、担当者レイオフも=報道、イーサL2「Optimism(OP)」、初のアップグレード「Bedrock」が3月実施で提案、日本ガイシとリコーの合弁会社が事業開始、ブロックチェーン活用の電力デジタルサービス事業化へ、読売ジャイアンツ、春季キャンプで「ジャビット」NFT無料配布、スタートバーン「FUN FAN NFT」で

Sponsored

【2/2話題】イーサのパブリックテストネットZhejiang公開、分散型データストレージシステムBNB Greenfieldなど(音声ニュース)

イーサリアム、ステーク出金機能対応のパブリックテストネット「Zhejiang」公開、BNBチェーン、分散型データストレージシステム「BNB Greenfield」発表、コンセンシス、無料web3学習プラットフォーム「MetaMask Learn」提供開始、c0ban取引所が業務再開、エクシアから独立しCoin Masterとして、欧州投資銀行、ポンド建てデジタル債券発行へ、暗号資産ハッキング被害、昨年が過去最高の38億ドル、北朝鮮グループが主導か、分散型取引所Dexalot、アバランチ(AVAX)サブネットでローンチ、SUSHI TOPと「tofuNFT」のCOINJINJAが業務提携、LINE NFT、物件仲介手数料が0.5ヶ月分になるNFT「サクラノスマイ」発売へ、クロスチェーン通信プロトコル「レイヤーゼロ」、重大な脆弱性の指摘を否定、フットサルチーム「ポルセイド浜田」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored