ポリゴンが企業向けの取り組み拡大、NFT・DeFi・保険領域

ポリゴンが企業向けの取り組み拡大、NFT・DeFi・保険領域

イーサリアムスケーリングソリューションやインフラを開発するインド企業ポリゴン(Polygon)がNFT、DeFi、保険領域において、エンタープライズ向けにソリューション提供などといった取り組みを拡大させていることを発表した。

具体的に、ポリゴンはインドの上場企業であるインフォシス・コンサルティング(Infosys Consulting)と共同での保険領域における取り組みやNFTやDeFiプロトコルを開発するトレイス・ネットワーク(Trace Network)との相互運用性向上に関する取り組みなどを明らかにしている。

保険領域における取り組みとしてポリゴンとインフォシス・コンサルティングは、パブリック・ブロックチェーンとプライベート・ブロックチェーンの両方の利点をパッケージ化しての提供を目的としたハイブリッド・ブロックチェーンである「M-setu」の概念実証を行っている。両者は「M-Setu」のアプリケーションである「Insurechain」が、異なるプロバイダー間で保険契約をポーティング(移転)するプロセスを根本的に簡素化する役割をどれくらい果たすかを検証しているようだ。

Polygon共同創業者のサンディープ・ネイルワール(Sandeep Nailwal)氏は「Insurechain プラットフォームは、保険会社間の煩雑なコミュニケーションに革命を起こします。 利用者は保険会社を変更する際にシームレスな体験ができるべきであり、Insurechainはそれを可能にするバックエンドツールです」とコメントしている。

一方ポリゴンとトレイス・ネットワークは、企業がNFTとDeFiの活発なエコシステムに接続することで、 資金調達、資産移転、マーケティング活動など自社のビジネスを促進することを目的に協業を行ったとのこと。

トレイス・ネットワークの共同創設者兼CEOであるロケシュ・ラオ(Lokesh Rao)氏は「ポリゴンとの提携により、イーサリ アムのコードベースと互換性のある完璧なインフラが提供されるため、トレイス・ネットワークのNFTベースのDeFiプロトコルを利用して技術スタックのステップアップを目指すグローバル企業に効率的にサービスを提供することができます」とコメントしている。

ポリゴン共同創業者のサンディープ・ネイルワール氏は「プライベート・ブロックチェーンは、 企業にとってコントロールしやすいという点で魅力的ですが、そうすることでブロックチェーンのメ リットのほとんどを失ってしまいます。これらの問題を解決するためには、プライベート・ブロックチェーンが、ほとんどの活動が行われているパブリック・ネットワークと連携できるような、ハイブリッドなアプローチが必要です」とコメントしている。

(images:iStock/m_pavlov・dalebor・LeshkaSmok)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した