米SECへ新たにビットコインETFが申請、ギャラクシーデジタルが目論見書提出

米SECへ新たにビットコインETFが申請、ギャラクシーデジタルが目論見書提出

米暗号資産(仮想通貨)投資企業ギャラクシーデジタルがビットコインの上場投資信託(ETF)を米国にて申請したことが、米証券取引委員会(SEC)へ提出された目論見書によって明らかになった。

このビットコインETFの名称は「Galaxy Bitcoin ETF」だ。「Galaxy Bitcoin ETF」は、ニューヨーク証券取引所のArcaでの上場が目指されている。ギャラクシーデジタルは信託企業、資産管理企業、証券代行企業の名前はまだ明らかにしていない。

ギャラクシーデジタルは、すでにCI Financial社がスポンサーとなっているカナダのビットコインETF「CI Galaxy Bitcoin ETF」のサブアドバイザーを務めている。「CI Galaxy Bitcoin ETF」は3月にトロント証券取引所で取引が開始されている。

参考:ギャラクシーデジタル

(images:iStock/ventdusud・LongQuattro)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事