バイナンスがテスラの株式トークンの取引サービスを提供開始

バイナンスがテスラの株式トークンの取引サービスを提供開始

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が株式トークンの取引を開始することを4月12日に発表した。株式トークンの第1弾として、米テスラ(Tesla Inc.)の株式をトークン化する。

バイナンスが提供する株式トークンは、トークン1単位が該当株式1株に相当する。株式トークンの価値は実際の株式に裏付けられているため、株式トークンの価格は実際の株式と連動して変化するとのこと。バイナンスは株式トークンの価値を担保するために、ドイツの規制された資産管理会社であるCMエクイティー株式会社(CM-Equity AG)に委託し株式の管理を行っているとのことだ。

株式トークンの保有者は実際の株式と同様に配当やその他の利益を受け取ることができる。ただし株式トークン自体は法的権利を持たないため、議決権や株主総会に出席する権利などは得られないとのことだ。

株式トークンを用いて取引を行うことによるユーザーへのメリットとしては、取引の最小単位が0.01トークン(=0.01株)であるため高額な株式でも手軽に購入できること、手数料無料で株式取引できることなどが挙げられている。

テスラの株式トークンは4月12日より米ドルペッグのステーブルコインBUSDとペアで取引が開始されている。株式トークンの取引時間はテスラが上場しているナスダック(Nasdaq)と同様の9:30から16:00(いずれも東部標準時)となっている。

なおバイナンスで株式トークンの取引を行うためには顔認証を含む本人確認を行う必要があるとのこと。さらに中国本土やトルコ、アメリカなどの規制された地域のユーザーは株式トークンの取引を行うことができないとのことだ。

参考:Binance

(images:iStock/)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定