分散型取引所ユニスワップV3、ポリゴンで正式稼働

ポリゴンでユニスワップV3が正式稼働

分散型金融(DEX)のユニスワップ(Uniswap)V3が、ポリゴン(Polygon)で正式稼働を開始したことが12月22日分かった。

ポリゴンは、イーサリアムのスケーリングソリューションを開発しているインド発のプロジェクトだ。

今回のポリゴンへのマルチチェーン対応は、ユニスワップコミュニティの提案によるものだ。この提案はユニスワップのトークン「UNI」保有者により投票が行われ、結果約50万の反対票に対し、賛成票が約7200万集まりコミュニティの提案が通過した。この結果をうけ、ユニスワップラボは今月18日に数日中のポリゴンでの正式稼働を発表していた。

なお現在ユニスワップはポリゴンの他に、レイヤー2スケーリングソリューションのオプティミスティック・イーサリアム(Optimistic Ethereum)と、スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)でも稼働している。

関連ニュース

【独占取材】ポリゴンが目指す、人々がブロックチェーンをストレスなく使える世界(Polygon VP-Growth Arjun Kalsy)

【概要まとめ】分散型金融プラットフォーム「Uniswap V3」が5月5日にローンチか

【解説動画】ポリゴン(MATIC)とは?(ポリゴンチーム ビール依子氏)

コインベースウォレットがポリゴンに対応

参考:ポリゴン
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表