分散型取引所ユニスワップV3、ポリゴンで正式稼働

ポリゴンでユニスワップV3が正式稼働

分散型金融(DEX)のユニスワップ(Uniswap)V3が、ポリゴン(Polygon)で正式稼働を開始したことが12月22日分かった。

ポリゴンは、イーサリアムのスケーリングソリューションを開発しているインド発のプロジェクトだ。

今回のポリゴンへのマルチチェーン対応は、ユニスワップコミュニティの提案によるものだ。この提案はユニスワップのトークン「UNI」保有者により投票が行われ、結果約50万の反対票に対し、賛成票が約7200万集まりコミュニティの提案が通過した。この結果をうけ、ユニスワップラボは今月18日に数日中のポリゴンでの正式稼働を発表していた。

なお現在ユニスワップはポリゴンの他に、レイヤー2スケーリングソリューションのオプティミスティック・イーサリアム(Optimistic Ethereum)と、スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)でも稼働している。

関連ニュース

【独占取材】ポリゴンが目指す、人々がブロックチェーンをストレスなく使える世界(Polygon VP-Growth Arjun Kalsy)

【概要まとめ】分散型金融プラットフォーム「Uniswap V3」が5月5日にローンチか

【解説動画】ポリゴン(MATIC)とは?(ポリゴンチーム ビール依子氏)

コインベースウォレットがポリゴンに対応

参考:ポリゴン
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【1/20の話題】ビットポイントでディープコイン(DEP)上場、米個人年金積立で暗号資産購など(音声ニュース)

国内初、ビットポイントでDEAのディープコイン(DEP)上場へ、米個人年金積立で暗号資産購入、iTrustCapitalが約143億円調達、LINE、グローバル向けNFTプラットフォーム「DOSI」発表、米銀行ら発行のステーブルコイン「USDF」、銀行間送金に成功、米コインベースにShping Coin(SHPING)上場、アスター(ASTR)、クーコインに上場、FTXでPsyOptions(PSY)上場へ、OpenSea、暗号資産ウォレットのダルマ・ラボ買収、全豪オープン、記念NFTコレクションをリリース、コインハイブ事件、最高裁で逆転無罪に、南葛SCとSHIBUYA CITY FC、選手報酬一部をトークンで。南葛は稲本潤一選手も入団でホルダーに、バスケB3リーグ「鹿児島レブナイズ」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored