サムスン、最新型TVにNFTプラットフォーム統合へ

サムスンの最新型スマートテレビ、NFTプラットフォーム統合へ

韓国サムスン(Samsung)が2022年版最新モデルのスマートテレビに、NFTプラットフォームを統合することを1月4日発表した。米ラスベガスで開催される電子機器の見本市「CES 2022(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー:Consumer Electronics Show 2022)」に先駆けての発表とのことだ。

サムスンのリリースによると、同社の「MICRO LED」、「Neo QLED」、「The Frame」の3つの最新モデルにNFTプラットフォームが統合されるとのこと。

また統合されたNFTプラットフォームを通じて、直接NFTの閲覧や購入、さらに取引ができる機能があるとのことだ。

サムスンは以前よりブロックチェーン・暗号資産関係の機能を付けた商品を発表している。昨年5月にはスマートフォン「Samsung Galaxy smartphones」にて、サードパーティのハードウェアウォレットから暗号資産を管理・取引できるようになったことを発表している。また昨年7月にはブロックチェーン技術を活用した、文書の偽造や改ざんなどの問題を解決するサービス「ペーパーレス(Paperless)」を発表した。

関連ニュース

韓国サムスン、ブロックチェーン活用の新サービス「ペーパーレス」開始

サムスンのGalaxyスマホ、他社暗号資産ハードウェアウォレットもサポート

サムスンSDSがブロックチェーン活用の医薬品向け流通履歴管理のパイロットプロジェクトを計画

韓国SKテレコムが分散型アイデンティティを利用した電子証明サービス「initial(イニシャル)」とサムスンのハードウェアセキュリティ技術を連携

米暗号資産取引所Gemini(ジェミナイ)がSAMSUNG(サムスン)と提携しサムスンスマホで暗号資産(仮想通貨)取引可能に

参考:サムスン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/kostsov・noLimit46

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】ソラナのweb3スマホSaga来年発売、Cegaメインネットローンチなど(音声ニュース)

ソラナ(SOL)、web3スマホ「Saga」来年発売へ、【取材】分散型金融Cega、メインネットローンチへ、アミューズ、web3ファンド「KultureFUND」設立、記念NFT販売も、バイナンスとクリスティアーノロナウド提携、NFT展開へ、暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表、米コインベース、ポリゴン(MATIC)とソラナ(SOL)ネットワーク対応へ、USDC送受信可能に、「Magic Eden」、ソラナ(SOL)のPhantomウォレットと連携、分散型取引所dYdX、コスモス(ATOM)エコシステムで稼働へ、「クリプタクト」のDeFi取引集約機能にポリゴン(MATIC)追加、「遊んで稼ぐ」ゲームで若者支援、DEA「PlayMining」で「D×P」が、ダイキン、日本IBMと冷媒循環管理のブロックチェーンPF構築に向け実証実験、FTX、USDTがアバランチ、USDCがポリゴンとトロンに対応、スマホ版コインベースウォレット、DeFiやNFT機能追加、メキシコサッカー「グアダラハラ」、「Socios. com」でファントークン発行へ、米コインベース、ビットコイン先物商品提供へ

Sponsored

暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表

暗号資産(仮想通貨)用ハードウェアウォレット開発企業の「レジャー(Ledger)」が、NFTマーケットプレイスの立ち上げと、その他複数の新サービスをローンチすることが分かった。ニューヨークで開催中のNFTイベント「NFT.NYC」での「Ledger Op3n カンファレンス」で、6月22日に同社が発表した。

【取材】ソラナ(SOL)、web3スマホ「Saga」来年発売へ

ソラナ(Solana/SOL)ブロックチェーンの主要開発元ソラナラボ(Solana Labs)の子会社が、web3スマートフォン「Saga」を6月24日に公開した。ソラナモバイル(Solana Mobile)とスマホ開発企業OSOMが連携し、「Saga」を開発しているとのこと。販売は2023年Q1の予定で、現在ウェイティングリストが公開されている。ウェイティングリストに登録するには、前払金として100USDC(Solana基盤)が必要となっている。