サムスン、最新型TVにNFTプラットフォーム統合へ

サムスンの最新型スマートテレビ、NFTプラットフォーム統合へ

韓国サムスン(Samsung)が2022年版最新モデルのスマートテレビに、NFTプラットフォームを統合することを1月4日発表した。米ラスベガスで開催される電子機器の見本市「CES 2022(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー:Consumer Electronics Show 2022)」に先駆けての発表とのことだ。

サムスンのリリースによると、同社の「MICRO LED」、「Neo QLED」、「The Frame」の3つの最新モデルにNFTプラットフォームが統合されるとのこと。

また統合されたNFTプラットフォームを通じて、直接NFTの閲覧や購入、さらに取引ができる機能があるとのことだ。

サムスンは以前よりブロックチェーン・暗号資産関係の機能を付けた商品を発表している。昨年5月にはスマートフォン「Samsung Galaxy smartphones」にて、サードパーティのハードウェアウォレットから暗号資産を管理・取引できるようになったことを発表している。また昨年7月にはブロックチェーン技術を活用した、文書の偽造や改ざんなどの問題を解決するサービス「ペーパーレス(Paperless)」を発表した。

関連ニュース

韓国サムスン、ブロックチェーン活用の新サービス「ペーパーレス」開始

サムスンのGalaxyスマホ、他社暗号資産ハードウェアウォレットもサポート

サムスンSDSがブロックチェーン活用の医薬品向け流通履歴管理のパイロットプロジェクトを計画

韓国SKテレコムが分散型アイデンティティを利用した電子証明サービス「initial(イニシャル)」とサムスンのハードウェアセキュリティ技術を連携

米暗号資産取引所Gemini(ジェミナイ)がSAMSUNG(サムスン)と提携しサムスンスマホで暗号資産(仮想通貨)取引可能に

参考:サムスン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/kostsov・noLimit46

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【1/20の話題】ビットポイントでディープコイン(DEP)上場、米個人年金積立で暗号資産購など(音声ニュース)

国内初、ビットポイントでDEAのディープコイン(DEP)上場へ、米個人年金積立で暗号資産購入、iTrustCapitalが約143億円調達、LINE、グローバル向けNFTプラットフォーム「DOSI」発表、米銀行ら発行のステーブルコイン「USDF」、銀行間送金に成功、米コインベースにShping Coin(SHPING)上場、アスター(ASTR)、クーコインに上場、FTXでPsyOptions(PSY)上場へ、OpenSea、暗号資産ウォレットのダルマ・ラボ買収、全豪オープン、記念NFTコレクションをリリース、コインハイブ事件、最高裁で逆転無罪に、南葛SCとSHIBUYA CITY FC、選手報酬一部をトークンで。南葛は稲本潤一選手も入団でホルダーに、バスケB3リーグ「鹿児島レブナイズ」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored