サムスン、最新型TVにNFTプラットフォーム統合へ

サムスンの最新型スマートテレビ、NFTプラットフォーム統合へ

韓国サムスン(Samsung)が2022年版最新モデルのスマートテレビに、NFTプラットフォームを統合することを1月4日発表した。米ラスベガスで開催される電子機器の見本市「CES 2022(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー:Consumer Electronics Show 2022)」に先駆けての発表とのことだ。

サムスンのリリースによると、同社の「MICRO LED」、「Neo QLED」、「The Frame」の3つの最新モデルにNFTプラットフォームが統合されるとのこと。

また統合されたNFTプラットフォームを通じて、直接NFTの閲覧や購入、さらに取引ができる機能があるとのことだ。

サムスンは以前よりブロックチェーン・暗号資産関係の機能を付けた商品を発表している。昨年5月にはスマートフォン「Samsung Galaxy smartphones」にて、サードパーティのハードウェアウォレットから暗号資産を管理・取引できるようになったことを発表している。また昨年7月にはブロックチェーン技術を活用した、文書の偽造や改ざんなどの問題を解決するサービス「ペーパーレス(Paperless)」を発表した。

関連ニュース

韓国サムスン、ブロックチェーン活用の新サービス「ペーパーレス」開始

サムスンのGalaxyスマホ、他社暗号資産ハードウェアウォレットもサポート

サムスンSDSがブロックチェーン活用の医薬品向け流通履歴管理のパイロットプロジェクトを計画

韓国SKテレコムが分散型アイデンティティを利用した電子証明サービス「initial(イニシャル)」とサムスンのハードウェアセキュリティ技術を連携

米暗号資産取引所Gemini(ジェミナイ)がSAMSUNG(サムスン)と提携しサムスンスマホで暗号資産(仮想通貨)取引可能に

参考:サムスン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/kostsov・noLimit46

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【2/26話題】能登半島地震への暗号資産の寄付金が2000万円に、ビットフライヤーがエルフトークン付与実施など

能登半島地震への暗号資産による寄付金総額が2000万円相当に、日本ブロックチェーンPJ5団体が実施、ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で、Reddit、余剰現金でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)に投資、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行のUSDY、アプトス(APT)に統合、ビットフライヤーにアバランチ(AVAX)、ザ・グラフ(GRT)、レンダートークン(RNDR)上場へ、香港、暗号資産カストディに関する暫定基準を公表、アルゼンチンがVASP規制準備進める、FATFグレーリストから除外目指し=報道、スポーツクラブ初、パリサンジェルマンFCがチリーズ(CHZ)のバリデーターに、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」がBNBチェーン上に展開、Polygon LabとStarkWare、新証明技術「Circle STARK」発表

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない