サムスンのGalaxyスマホ、他社暗号資産ハードウェアウォレットもサポート

サムスンのGalaxyスマホ、他社暗号資産ハードウェアウォレットもサポート

韓国サムスン(Samsung)がスマートフォン「Samsung Galaxy smartphones」にて、ユーザーがサードパーティのウォレットから暗号資産を管理・取引できるようになったことを発表した。サムスンが対応したウォレットは「Ledger Nano S」や「Ledger Nano X」などのハードウェアウォレット。対応通貨はビットコイン、イーサリアムや他のERCトークン、トロンや他のTRCトークン、ステラ、クレイトンなどである。

具体的にユーザーは「Samsung Galaxy smartphones」で利用可能な「Samsung Blockchain Wallet」にサードパーティウォレットをインポートすることで、暗号資産を管理・取引できるようになる。

サムスンはスマホにてハードウェアウォレットをサポートすることで、暗号資産を一つの便利な場所で管理するという一貫したユーザーエクスペリエンスを提供できるようになったとのこと。またユーザが暗号資産に関する情報を取得しやすくするため、CoinDeskの記事を掲載した専用のニュースフィードも提供するとのことだ。

サムスンはプレスリリースにて「イノベーションはオープンで協力的なアプローチによってのみ起こると考え、サムスン・ブロックチェーンSDKによってブロックチェーン・エコシステムへのアクセスを開放しました。開発者は、ブロックチェーンアカウントを簡単に生成、保存、管理するDAppsを構築し、各台帳システム専用のAPIでトランザクションを処理することができます。またサードパーティのハードウェアウォレットを使用して、暗号資産の転送に安全に署名することができるAPIをDAppsに提供しています」と説明している。

編集部のコメント

またサムスンは暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を通じた暗号資産の売買機能も提供しています。今後、サムスンはGalaxyのスマートフォン1つで暗号資産領域に関する全てのことをユーザーが行えるようにしていくのではないでしょうか。一方、iPhoneが今後どのような対応をするのか気になるところです。

参考:サムスン

(images:iStocks/Ivan-balvan・Ninja Studio)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/9話題】米スタバがNFTプログラムβ版ローンチ、イーサ「シャンハイ」来年3月になど(音声ニュース)

スターバックスがNFTプログラムβ版ローンチ、米国内で、イーサリアム、次期大型アップグレード「シャンハイ」は来年3月目標に、ペイパルの暗号資産取引サービス、ルクセンブルグに展開へ、オープンシー、ロイヤリティ強制ツールについて新たな方針発表、web3クリエイタースタジオ「Shibuya」、a16zやパリスヒルトン、伊藤穰一らから資金調達、米コインベース、USDTからUSDCへの変換手数料を無料に、監査企業Mazars、バイナンスのビットコイン準備金が問題ないと証明、DEAとYGG SEAが提携、東南アジア市場の拡大へ、バイナンスUS、イーサリアム(ETH)の取引手数料を撤廃へ、RTFKTとNikeがweb3スニーカー「クリプトキックス iRL」販売へ、動いて稼ぐ機能も搭載予定

Sponsored