韓国サムスン、ブロックチェーン活用の新サービス「ペーパーレス」開始

韓国サムスン、ブロックチェーン活用の新サービス「ペーパーレス」開始

韓国サムスン(Samsung)のIT部門子会社であるサムスンSDSが、ブロックチェーン技術を活用したサービスである「ペーパーレス(Paperless)」のローンチを7月13日発表した。

発表によると「ペーパーレス」はブロックチェーン技術を通じてドキュメントの信頼性と透明性を高め、文書の偽造や改ざんなどの問題を解決するサービスとのこと。

「ペーパーレス」では契約書、同意書、証明書など、偽造や改ざんが発生しやすい機密文書をブロックチェーン上で管理し、特に機密性の高い個人情報や大量のドキュメントなどのデータを暗号化して別のサーバーに保存できるという。また投票や様々な証明書類を必要とするタスクなどの幅広い分野で適用できるとのことだ。

既に同社では従業員の給与契約、全社的な投票、証明書管理に「ペーパーレス」を適用しており、より高いレベルの利便性を享受しながら複雑なプロセスを簡素化しているという。

なおこのサービスの開始をきっかけに、同社はBaaS(Blockchain-as-a-Service)事業を拡大する予定とのことだ。

サムスンSDSの副社長であるジーニーホン(Jeanie Hong)氏は『「ペーパーレス」サービスの開始から、ID認証や支払いを含む幅広いクラウドベースのブロックチェーンサービスを提供して、クライアントのために新しい価値を提供する予定です』と述べている。

参考:サムスン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LuckyStep48

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【4/18題】TikTokのByteDance子会社がSui採用、ワールドコインが「World Chain」今夏ローンチへ

TikTokのByteDance子会社、ゲーム等のサポート事業に「Sui」採用、ワールドコイン(WLD)、独自のイーサリアムL2「World Chain」今夏ローンチへ、日銀、「中銀デジタル通貨」の連絡会議の中間整理を報告、EY、企業向け契約管理ソリューション「EY OCM」ローンチ。イーサリアム上で、ニュージーランド中銀、デジタル通貨の開発協議スタート

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない