国内初、GMOコインがコスモス(ATOM)を取扱い開始

国内初、GMOコインがコスモス(ATOM)を取扱い開始

国内暗号資産(仮想通貨)取引所のGMOコインが、同社が提供する「販売所」「つみたて暗号資産」「貸暗号資産」サービスにて暗号資産コスモス:Cosmos(ATOM)の取扱開始を7月14日に発表した。ATOMの取り扱いは国内で初の事例となる。

なおリリースによると販売所の取引ルールは次の通りである。

最小注文数量:0.1ATOM / 回
最小注文単位:0.000001ATOM / 回
最大注文数量:200ATOM / 回
最大取引数量:2,000ATOM / 日

GMOコインはコスモスについて「コスモスは『Internet of Blockchains』の実現を目標としたプロジェクトおよびエコシステムの名称です。またブロックチェーン『コスモスハブ』で流通するネイティブトークンを『ATOM』と言います」と説明している。

今回の新規通貨取り扱いでGMOコインは、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ビットコインキャッシュ(BCH)ライトコイン(LTC)リップル(XRP)、ネム(XEM)、ステラルーメン(XLM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、オーエムジー(OMG)、テゾス(XTZ)、クアンタム(QTUM)、エンジンコイン(ENJ)、ポルカドット(DOT)にコスモス(ATOM)が加わり、合計14銘柄を取り扱うことになった。

参考:GMOコイン
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/2話題】イーサのパブリックテストネットZhejiang公開、分散型データストレージシステムBNB Greenfieldなど(音声ニュース)

イーサリアム、ステーク出金機能対応のパブリックテストネット「Zhejiang」公開、BNBチェーン、分散型データストレージシステム「BNB Greenfield」発表、コンセンシス、無料web3学習プラットフォーム「MetaMask Learn」提供開始、c0ban取引所が業務再開、エクシアから独立しCoin Masterとして、欧州投資銀行、ポンド建てデジタル債券発行へ、暗号資産ハッキング被害、昨年が過去最高の38億ドル、北朝鮮グループが主導か、分散型取引所Dexalot、アバランチ(AVAX)サブネットでローンチ、SUSHI TOPと「tofuNFT」のCOINJINJAが業務提携、LINE NFT、物件仲介手数料が0.5ヶ月分になるNFT「サクラノスマイ」発売へ、クロスチェーン通信プロトコル「レイヤーゼロ」、重大な脆弱性の指摘を否定、フットサルチーム「ポルセイド浜田」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored