NFTのAMLソリューション提供目指し、ハッシュポートと英エリプティックが提携

ハッシュポートと英エリプティックが提携

ブロックチェーン分野のコンサルティングとシステム開発を行う株式会社HashPort(ハッシュポート)が、暗号資産(仮想通貨)のマネーロンダリング対策ソリューションを提供する英エリプティックエンタープライズ(Elliptic Enterprises Limited.)と業務提携したことを7月14日発表した。

この提携により両社はNFT分野のアンチマネーロンダリング(AML)ソリューションを共同で研究する予定とのことだ。今後は変化する規制環境に対応したうえで、NFT事業者の法的リスクを軽減して安定した形でサービスを展開できるソリューションを提供する予定であるとしている。

エリプティックのCEOであるシモーネ・メイニ(Simone Maini)氏は「エリプティックはNFT市場の健全性を維持するためにAML対策は必須事項だと考え、同時に企業間の協業が重要であると認識しております。今回、HashPort社との提携によって、NFT領域におけるAML対策の枠組みを検証し、事業者へ安全なビジネス基盤を提供できることを期待しています(一部略)」とリリースにてコメントしている。

また株式会社HashPort代表取締役で株式会社Hashpalette(ハッシュパレット)代表取締役でもある吉田世博氏はリリースにて「エリプティック社は、世界最大の暗号資産アンチマネーロンダリング(AML)事業者の一つであり、150社以上の金融機関・事業会社に利用されております。

FATFのガイダンスや日本暗号資産交換業協会のガイドラインでも指摘されている通り、NFT市場の広がりと共に、NFTのAMLの重要性が高まっております。HashPort及びNFT子会社であるHashpaletteは、NFT領域に参画する企業様に対し、安定した基盤を提供することを目指しております。この度のエリプティック社との提携を通して、安全で持続可能なサービスを提供し、業界の健全化をリードしていく所存です」とコメントしている。

関連ニュース

台湾のブロックチェーンセキュリティ企業CoolBitX(クールビックス)とイギリスの暗号資産取引の解析企業Elliptic(エリプティック)が提携 https://www.neweconomy.jp/posts/61174

参考:PRタイムス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/pgraphis

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/28話題】INTMAXが「Plasma Next」メイネットαをローンチ、周南公立大がDiamond HandsとWeb5でデジタル学生証など

INTMAX、「Plasma Next」メイネットαをローンチ。Plasmaの完成により拡張性向上、周南公立大学、Web5採用でDID利用のデジタル学生証の実証へ。Diamond Handsと提携で、イーサリアム大型アップグレード「Dencun」、メインネット実装日が3月13日に正式決定、ユニスワップ(UNI)に新機能が追加、暗号資産取引がよりシームレスに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、2日連続で13億ドル超えの取引高を記録、英ロイズ銀行、ブロックチェーン活用の電子船荷証券(eBL)ネットワークに参加、国内初、ビットポイントに「オシトークン(OSHI)」上場、Binance Japanにラップドビットコイン(WBTC)・ファイルコイン(FIL)・スイ(SUI)上場へ、取扱い50銘柄に、ビットフライヤーにドージコイン(DOGE)上場へ、2月で取扱い10銘柄目、SBI、日本酒「作(ZAKU)」にブロックチェーン導入で不正流通を防ぐ。開封後に「ラベルNFTバッジ」受取も、ファントムが「Wallet Watcher」提供開始、任意のウォレットを監視可能に、アバランチ(AVAX)がネットワーク障害でブロック確定が約6時間停止、現在は解決済み