【速報】UUUMもNFT参入、グループ企業FOROが今夏マーケットプレイス開始

UUUMもNFT参入、グループ企業FOROが今夏マーケットプレイス開始

UUUM株式会社が、同社のグループ会社であるFORO株式会社の新規サービスとして、デジタルトレーディングカードのNFTマーケットプレイス「HABET(ハビット)」ベータ版を今夏オープンすることを7月14日発表した。

リリースによると「HABET」のカードは株式会社IndieSquare(インディースクエア)のブロックチェーン技術「HAZAMA」を活用したNFTとして発行・売買取引されるとのこと。また「HABET」でのNFT発行手数料は0円でクレジットカード決済(法定通貨)が用いられるとのことだ。

「HABET」ではクリエイター、インフルエンサー、アイドル、アスリート、アーティスト、ゲーム、アニメなど幅広いジャンルの人物やキャラクターのデジタルトレーディングカードを発行・売買・閲覧できるとのこと。また発行できるカードは世の中に一枚しかない「ユニーク」とシリアル番号付きの「シリアル」の2種類で、販売方法は定額販売、抽選販売、オークション販売の3種類が予定されている。

さらに発表では次のような多くのコンテンツパートナーの参加が発表されている。


(コンテンツパートナーの一部 ・ 五十音順 / 敬称略)

カルチュア・エンタテインメント株式会社(ネコ・パブリッシング)
株式会社クオン
CYBERJAPAN DANCERS
株式会社TBSホールディングス
株式会社Dリーグ
株式会社電通
株式会社美少女図鑑
株式会社PPエンタープライズ
山中慎介(第29代WBC世界バンタム級王者)
YouTubeクリエイター(HIKAKIN、はじめしゃちょー、フィッシャーズ、のばまん、わんこそばなど)
ユニバーサル ミュージック合同会社
吉本興業株式会社
株式会社R・I・P

参考:UUUM
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Makalo86

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【10/27の話題】アドビPhotoshopでNFTの真正性示す情報付与が可能に、テスラがBTC決済の再開の意向など(音声ニュース)

アドビ「Photoshop」でNFTの真正性示す情報付与が可能に、OpenSeaらNFTマーケットプレイスと提携、テスラ、ビットコイン決済の再開の意向を示す、【取材】電通国際情報サービスとKyuzan、NFTマーケットプレイス構築やメタバース活用に向け共同研究開始、【取材】暗号屋、NFT所有者だけがコンテンツを楽しめるメディアプロトコル「VWBL / ビュアブル」発表、米コインリストが約114億円調達、アジア利用者数も1年間で62倍に増加、セリエA「ナポリ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、グラファイトのサプライチェーンをブロックチェーンで、サーキュラーとアービックス