サムスンSDSがブロックチェーン活用の医薬品向け流通履歴管理のパイロットプロジェクトを計画

サムスンSDSがブロックチェーン活用の医薬品向け流通履歴管理のパイロットプロジェクトを計画

韓国サムスン(Samsung)のIT部門子会社であるサムスンSDSが、ブロックチェーン技術を活用した医薬品向け流通履歴管理システムのパイロットプロジェクトを計画していることが、9月24日韓国の医薬系メディアYakup.comの報道で明らかになった。 

Yakup.comの報道によるとサムスンSDSは、今年11月には3~6カ月間のパイロットを開始し、2021年5~6月にサービスの商用化を目指す。2022年3月にはこのサービスを韓国国内だけでなくグローバルサービスとして展開をする計画とのこと。

11月から開始するパイロットでは手作業の削減、入出庫の自動履歴管理、回収や返品の真正性、IoTと連携した温度管理などの追跡の検証を行うとのことだ。

サムスンSDSは「ヘルスケア業界内のブロックチェーンの価値は、2018年の1億7680万ドルで、2025年には56.1億ドルに成長する見込みであり、2025年までにヘルスケア・ソリューションの55%がブロックチェーンを商業目的で導入する見通し」と述べているとのことだ。

編集部のコメント

今回の医薬品向け流通履歴管理システムのパイロットプロジェクトで利用されるブロックチェーンについては報道されていませんでしたが、サムスンSDSでは独自ブロックチェーン「ネクスレジャー・ユニバーサル(Nexledger Universal)」を提供しており、イスラエルのフィンテックソリューション企業のクレドラックス(Credorax)と決済データを自動的に銀行の取引履歴と台帳に記載することで効率化を図るソリューションの開発に取り組むと3月に発表していました。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/Jakarin2521・Anton-Salnikov)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored