米コインベース(Coinbase)がCosmos(ATOM)のステーキング対応

米コインベース(Coinbase)がCosmos(ATOM)のステーキング対応

米暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が暗号資産Cosmos(ATOM)のステーキングに対応することを9月30日発表した。

コインベースのCosmos(ATOM)のステーキング対応は、昨年2019年11月に取り扱いを開始したTezos(XTZ)に続き第二弾の取り扱い銘柄となる。コインベースの以前の発表によるとTezos(XTZ)のステーキング対応を開始して以来、5月時点で同サービスを利用したユーザーは200万ドル以上の報酬を獲得しているとのことだ。

このCosmos Staking Rewardsの報酬年利(APY)は年間5%となる。報酬を受け取ることができるのは米国、英国、フランス、スペイン、オランダ、ベルギーの居住者のコインベースユーザーとなる。

コインベースでCosmos Staking Rewardsを開始するには、コインベースでCosmos(ATOM)を購入するか、Cosmos(ATOM)をコインベースのアカウントにデポジットするだけで、ステーキングに参加できる。

編集部のコメント

ステーキングとは、暗号資産の合意形成アルゴリズムでPoS(プルーフオブステーク)などを選択している通貨がブロック生成者に対して報酬を渡す仕組みのことです。一般的なPoS通貨の場合は、ユーザーが保有しているトークンをブロックチェーン上にステーク(保有)することで、ユーザーのトークン保有量とトークン保有期間が明らかになります。そして、アルゴリズムによりブロック生成のための貢献量をランダムに計り、報酬を与える仕組みとなっています。

今回のニュースでコインベースが対応したのは、コインベースが全ユーザーを代表してCosmos(ATOM)のネットワークでステーキングを行い、そこで得られた報酬を各アカウントに分配するという事です。サービス該当国居住者のコインベースユーザーは、自分のコインベースアカウントに対象の暗号資産を保持していれば定期的にこのステーキング報酬を手に入れることができます。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/champc・Anastasiia_New・Rudzhan-Nagiev・Ninja-Studio)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催