韓国NH農協銀行が韓国政府中央機関のブロックチェーン電子証明アプリと統合を発表

韓国NH農協銀行が韓国政府中央機関のブロックチェーン電子証明アプリと統合を発表

韓国のNH農協銀行がスマートバンキングアプリを韓国政府の中央行政機関である行政安全部が運営するブロックチェーンベースの電子証明アプリ「 Government 24 app」と統合したことをレジャーインサイツ(Ledger insights)が9月28日に報道した。

「Government 24 app」とNH農協銀行のスマートバンキングアプリが統合したことで、NH農協銀行の顧客は電子文書ウォレットを介して電子証明書を提出、保管、受け取りができるようになる。具体的には顧客が住宅ローンを申請する際に戸籍標本を提出せずに済むようだ。そしてNH農協銀行の最終的な目的は、紙の書類を提出しなければならないコストと不便さを減らすことだ。

「Government 24 app」は、住民登録や納税、健康保険の証明書など13種類の証明書との連携が可能となっている。さらに行政安全部は2021年には300種類以上の証明書に拡大することを計画している。

編集部のコメント

レジャーインサイツによれば、NH農協銀行がブロックチェーンを使った実験を行ったのはこれが初めてではないとのことです。今年の初め、NH農協銀行はブロックチェーンベースのアプリ「Mobile Employee ID」を発表し、NH農協銀行が加盟している韓国のInitial DID協会が開発した分散型アイデンティティ技術の初の商用アプリケーションであると主張していていたとのことです。さらに最近では、NH農協銀行はブロックチェーン企業のヘックスラント(Hexlant)やパシフィック・ロウ(Pacific Law)とのデジタル資産の共同開発を発表しています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/stockdevil・Guzaliia-Filimonova)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催