ブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ)』がユーザー主体の運営を目指しガバナンストークン「MCH Coin」を発行開始

ブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ)』がユーザー主体の運営を目指しガバナンストークン「MCH Coin」を発行開始

ブロックチェーンゲーム開発企業であるdouble jump.tokyo(ダブルジャンプトウキョウ)株式会社は、同社の運営するブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ:マイクリ)』がガバナンストークン「MCH Coin」を11月9日より発行開始したことを同日発表した。

マイクリによるガバナンストークン「MCH Coin」の発行は「ユーザー主体の運営」の実現を目的に行われるもので、マイクリ内のガバナンスに使用ができる。ガバナンスへのトークン使用例として「ゲームの方針、開発優先順位、コンテンツのルール変更等の提案」「1MCH Coin = 1票として、マイクリ内で発生した提案に対しての投票」が挙げられている。

なおガバナンスの基本ルールとして以下の例が挙げれれている。
(1)MCH Coinを1枚でも保有していれば投票に参加することが可能
(2)総投票数が現在発行量に対して3%以上である場合、1票でも票数が多かった選択肢を採決しガバナンスが成立
(3)現在発行量に対して1%以上を保有しているユーザーが提案可能
(4)自身の投票権を他ユーザーに委任することも可能
(ガバナンスルール詳細はこちら

また今回のガバナンストークン発行に合わせて開発ロードマップも公開されており、12月以降順次機能を開放し3月には「マイクリプロデューサー」をユーザー投票により決定することも併せて発表されている。

「MCH Coin」はERC-20の規格に準拠しており、総発行枚数を5000万枚、ユーザーコミュニティに50%、開発・運営に40%、マーケティングに10%割当られる。

なお「MCH Coin」の獲得は「MCH Coin」と同時にリリースされたマイクリのゲーム内コンテツ「幻獣大戦」をプレイすることで得られるとのことだ(幻獣大戦 β2.0 概要)。

また「MCH Coin」はユーザーによって、イーサリアム(Ethereum)上のDEX(Decentralized Exchange)プロトコルであるユニスワップ(UNISWAP)にETH/MCH Coinのペアで流動性提供されており、MCH Coinの取引が可能であるとのことだ。

double jump.tokyoは同社の提供する支援プログラムであるMCH+プロジェクト内における他ブロックチェーンゲームでの使用など、「MCH Coin」が幅広く活用出来るよう現在調整中とのことだ。

編集部のコメント

ちなみにユーザーによるゲームへの課金率は、ソーシャルゲームの平均課金率が9%のところブロックチェーンゲームは30%で、月間にユーザーが利用する平均金額はソーシャルゲームが1万円、ブロックチェーンゲームは10万円にまでなるようです。
ブロックチェーンゲームの課金率を上げている一因は、キャラクターなどのアセットが価値を持ったことだと思われます。ゲームが成長した場合にアセットの価格が上昇する等により、ユーザーがインセンティブを得られるからです。

このインセンティブの為にユーザーは、ゲームを盛り上げようと自主イベントを開いたり、ゲームに関わる第3者サービスを作ったりもしています。このユーザーに対するインセンティブ設計がされていることが、既存のソーシャルゲームとの大きな違いだと思っています。

今回のようなユーザーがゲームのガバナンスに関わる仕組みを作ることは、よりブロックチェーンゲームのコミュニティが盛り上がるきっかけになると考えます。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/null・Kateryna-Bereziuk・Mingirov)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored