米ブロックチェーン企業フィギュアー・テクノロジーズが銀行ライセンス取得の申請

米ブロックチェーン企業フィギュアー・テクノロジーズが銀行ライセンス取得の申請

米ブロックチェーン企業フィギュアー・テクノロジーズ(Figure Technologies )が米国通貨監督局(OCC)へ国法銀行運営の免許取得の申請を行ったことを11月7日に明らかにした。フィギュアー・テクノロジーズはこれまでに約244億円(2億3,300万ドル)以上の株式資金調達を行っている。フィギュアー・テクノロジーズはリテールローン、特にホームエクイティ、住宅ローン、学生ローンの借り換えローンサービスなどを提供している。

フィギュアー・テクノロジーズの創業者兼CEOのマイク・カグニー(Mike Cagney)氏は「フィギュアー・テクノロジーズ はビジネスプロセスの複雑さを軽減するために銀行免許の取得を求めています。ビジネスプロセスの複雑さを軽減することで我々は伝統的に十分なサービスを受けていない消費者などに金融ソリューションを提供し、真の金融包摂を推進するために持っている技術の効率性を活用することができます」とコメントしている。

プレスリリースでは、フィギュアー・テクノロジーズは国法銀行運営の免許を取得することにより、全国的に首尾一貫した商品やサービスを提供し、単一の規制当局の要件にコンプライア ンスの努力を集中させ、法的および規制上のコストやリスクを削減し、顧客やビジネス・パートナーに、連邦政府の監督下にある銀行との取引の安心感を与えられるようになると伝えている。

またフィギュアー・テクノロジーズはブロックチェーン上に構築されたアクセス可能なPOS(Point of Sale)ファイナンスサービスのテスト版を開発しているとのこと。今後フィギュアー・テクノロジーズは開発段階のファイナンスサービスを通して、銀行からの融資が難しい消費者やクレジットヒストリーが限られている消費者に経済的でアクセス可能な金融サービスを提供していく予定のようだ。

編集部のコメント

フィギュアー・テクノロジーズは設立2年目のスタートアップですが、すでにシリーズCラウンドまで資金調達を行なっています。2020年1月に1億300万ドルのシリーズC資金調達ラウンドを含め、12億ドルの評価で2億2500万ドル以上を、MUFG、モーガンクリーク、デジタルカレンシーグループ、フォックスコンの投資部門であるHCMキャピタル、ラビットキャピタルなどから出資されています。また事業戦略としては、融資事業から顧客の決済サービスへの流れを作っています。アリペイ、スクエア、PayPayなどは顧客の決済サービスを充実させていくことから事業に取り組んでいて、フィギュアー・テクノロジーズは逆の動きをとっています。フィギュアー・テクノロジーズが銀行免許を取得した後の動向は目が離せないでしょう。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/Oleksandr-Hruts)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/21話題】コナミのPROJECT ZIRCONとNFTマーケットプレイス「リセラ」、コインチェックにイミュータブル(IMX)上場など

コナミ、初のweb3プロジェクト「PROJECT ZIRCON」とNFTマーケットプレイス「リセラ」発表、国内初、コインチェックにイミュータブル(IMX)上場。エイプコイン(APE)とアクシーインフィニティ(AXS)も、PayPalのモバイル決済アプリ「Venmo」、同社発行のステーブルコイン「PYUSD」を利用開始、ハッシュキーDXがIOSTのノードパートナーに参加、企業向けWeb3サービス開発支援で協力も、Polkadotエコシステムのコミュニティ「PolkaWorld」、資金提供を拒否され運営停止へ

【9/20話題】野村HD子会社が機関投資家向けビットコインファンド、Optimism3回目のOPエアドロップなど

野村HD子会社レーザーデジタル、機関投資家向けのビットコイン(BTC)ファンドをローンチ、イーサリアムL2のOptimism、3回目のOPトークンエアドロップを開始、アプトスラボ提供のウォレット「ペトラ」でオンランプ可能に、コインベースペイ統合で、英ゾディアカストディがOpenEdenと提携、ステーキングサービス提供へ、英国、犯罪関与の暗号資産押収に関する法案が承認最終段階へ、サークル「USDC」、ポルカドット上に正式ローンチ、Pacific Meta、イミュータブルとのエコシステムパートナーシップ締結