NFTマーケットプレイス「LooksRare」稼働、OpenSeaへヴァンパイア・アタック

NFTマーケットプレイス「LooksRare」稼働

NFTマーケットプレイスのルックスレアー(LooksRare)が1月10日に正式稼働した。

ルックスレアーはコミュニティドリブンでマーケットプレイスを運営することを特徴としており、具体的にユーザーの要望をもとに新機能を開発する方針を発表している。大手マーケットプレイスのオープンシー「OpenSea」のように、イーサリアムブロックチェーン上のすべてのNFTコレクションをインデックス化し取引できるプラットフォームだ。

なおルックスレアーのマーケットプレイスの手数料は2%であり、オープンシーの2.5%より0.5%安い設定になっている。

なおこのルックスレアーは、ZoddとGutsと名乗る、匿名の2名のエンジニアが共同創業者になっており、公式サイトによるとその他エンジニアやデザイナーなど合計11名のチームで運営されているようだ。

またルックスレアーは独自トークン「LOOKS」を発行しており、トークンのエアドロップ(対象者への無償配布)も実施している。

「LOOKS」がエアドロップされるのは、2021年6月16日から2021年12月16日の間にオープンシーで3ETH以上取引したユーザー。対象ユーザーはルックスレアーにウォレットを接続し申請手順を取ることで「LOOKS」が獲得できる。

なお今回のルックスレアーのような、ユーザーの多いサービスのコピーを作成し、そのコピー元の実績をもとにトークンやインセインティブを提供しユーザーや流動性を吸い取ろうとする手法を「ヴァンパイア・アタック」と呼ぶ。

これまでDeFi領域では、UniSwapへのSushiSwapなど、多数の「ヴァンパイア・アタック」が実施されており、先日NFT関連でもInfinityがオープンシーへの「ヴァンパイア・アタック」を実施していた。基本ソースコードやトランザクションがオープンになっているWeb3プロジェクトならではの手法である。

ルックスレアーの公式サイトではオープンシーが先日IPOを示唆したことに関する皮肉的なコメントも掲載されており、彼らがより分散化したコミュニティ主導のNFTマーケットプレイスを目指していることがうかがえる。

なおルックスレアーのトークン「LOOKS」は、UniSwapなど複数のDEX(分散型取引所)で取引可能で、また暗号資産取引所Huobi globalのパイオニアゾーンでの取扱も10日に開始されたばかりだ。

参考:looksrare
デザイン:一本寿和
images:iStock/PerlaStudio・artacet

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【8/18話題】Phantomの新機能Burn NFT、Fractionalが約27億円調達とTesseraに名称変更など(音声ニュース)

ソラナのウォレットPhantomが新機能「Burn NFT」、スパムNFTバーンでSOL取得も、NFT分散所有の「Fractional」、約27億円調達と「Tessera」に名称変更、世界銀行グループ、炭素クレジットファンド設立へ、取引プラットフォーム構築も、FRB理事、デジタルドルに消極姿勢、クリプトドットコム、英国で暗号資産事業者の認可取得、コイントレード、ポルカドット(DOT)上場、FTXグローバル、ソラナDEXの「Orca(ORCA)」上場へ、eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ、欧州中央銀行、銀行への暗号資産規制を緩和か、オーストラリアで個人投資家向けビットコイン現物ETF提供へ、福岡市主催「学校では教えてくれないWeb3の可能性」8/27開催、オンライン配信も(渡辺創太/紫竹佑騎/設楽悠介)

Sponsored

eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ

株式や暗号資産などの投資プラットフォームを提供するイートロ(eToro)が、米国の株式などのオプション取引プラットフォームであるギャツビー(Gatsby)を買収するための契約を締結したことを8月17日に発表した。ギャツビーは2018年に設立され、米国の若年層向けに手数料無料で株式のオプション取引ができるアプリを提供してきた。